今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

BANDAICHANNEL

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

1988 劇場版(アニメ映画) 【ロボット/メカ】
アムロvsシャア、宿命の対決に決着の刻! 「機動戦士ガンダム」第1シリーズ最終章!
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
アムロとシャアの13年に及ぶ宿命の対決に決着がつく、シリーズ最終章。宇宙世紀0093、シャアがネオ・ジオン総帥に就任、地球に宣戦を布告した。ブライト率いる連邦軍の独立部隊、ロンド・ベルに所属していたアムロは、最新型のνガンダムに搭乗して出撃する。アムロはシャアの野望を阻止することができるのか?
ここが見どころ!
短時間の中に無数の情報を折り込み、表と裏の衝突から大きな意味を浮かびあがらせる――その富野由悠季監督の本領が最大限に発揮された映画だ。多くの名前に引き裂かれたシャアという人物の本音中の本音が見え隠れするのが最大のポイント。社会に出て体制に衝突し、危機感のない人間に苛立った経験がある人なら、シャアの抱える複雑な思いに共感が持てるだろう。たとえばシャアとアムロとの会話を手がかりに「本気で落としたかったのか?」と考えてみれば、作品の味わいは何倍にも拡がる。原点回帰的になった新モビルスーツ群はいずれも見映え良く、宇宙空間の戦闘シーンはこれぞ機動兵器という凄まじい高速アクションが積み重なる。ファン必見のガンダム映画だ【アニメ評論家・氷川竜介】
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
販売価格

※時間(2:0:00)/話

購入方法 金額 視聴期間
1話 \300円+税/全1話 3日間
<ご利用前に必ずお読みください>
※作品をご覧いただくにはShowtimeへの入会が必要です。※視聴には、ライセンスの取得が必要です。
本編を購入・視聴する [全1話]
登場キャラクター紹介 登場メカ紹介
■メインスタッフ
原作・原案:富野由悠季/監督・総監督:富野由悠季/キャラクターデザイン:北爪宏幸/メカニカルデザイン:GAINAX(ガイナックス)、佐山善則/音楽:三枝成章
■メインキャスト
アムロ・レイ:古谷徹/シャア・アズナブル:池田秀一/ブライト・ノア:鈴置洋孝/ナナイ・ミゲル:榊原良子/ミライ・ノア:白石冬美/クェス・パラヤ:川村万梨阿/チェーン・アギ:弥生みつき/ハサウェイ・ノア:佐々木望/ギュネイ・ガス:山寺宏一
配信中の関連作品
機動戦士ガンダム I
機動戦士ガンダムII 哀・戦士編
機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編
機動戦士ガンダム
関連サイト
GUNDAM.INFO
SEED CLUB
Xplosion GUNDAM SEED
劇場版「機動戦士Zガンダム」公式サイト
「MS IGLOO」公式WEB
サンライズ ホームページ
バンダイナムコゲームス<ララビットマーケット>
機動戦士ガンダム00 公式サイト
「機動劇団はろ一座」公式サイト
サンライズステーション
「SUNRISE Festival 2010 冬銀河」はこちら!
サンフェス冬銀河 前夜祭 with 富野由悠季
前の画面へ戻る
TOPへ戻る
Copyright BANDAI CHANNEL CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)創通・サンライズ
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。
Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.

おすすめアニメ! 名作・良作をあつめました!!



(C)GIRLS und PANZER Projekt (C)AQUAPLUS/T3WORKS (C)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS (C)田中芳樹・タイタニア26パートナーズ (C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会 (C)河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト (C)2012 春日みかげ・ソフトバンク クリエイティブ/織田信奈の野望製作委員会 (C)吉永裕ノ介・フレックスコミックス/「ブレイク ブレイド」製作委員会 (C)ひぐちアサ・講談社/おお振り製作委員会 (C)高橋しん/小学館・東映ビデオ・東北新社・中部日本放送 (C)2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO (C)BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS (C)NHK・総合ビジョン (C)SUNRISE/T&B PARTNERS, MBS (C)原哲夫・武論尊 2001,(C)蒼天製作委員会 2006