今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−<オスカル役替わり:大空祐飛>(’06年星組・宝塚・千秋楽)

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

ベルサイユのばら−フェルゼンとマリー・アントワネット編−<オスカル役替わり:大空祐飛>(’06年星組・宝塚・千秋楽)

  • 168時間
  • 2:50:00
  • 800円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

マリー・アントワネットの生誕250年を記念して、フェルゼンとアントワネットの愛と運命を中心に、新たな試みや演出を加え再構築された星組公演。
オスカルを役替わりで月組(当時)の大空祐飛が演じたバージョンをお届けします。

【あらすじ】
オーストリア帝国ハプスブルグ家から14歳でフランス・ブルボン王朝の王太子に嫁いでから十数年、アントワネット(白羽ゆり)の心は孤独に苛まされていた。
そんな時、アントワネットは、オペラ座の仮面舞踏会でスウェーデンの若き貴公子・フェルゼン(湖月わたる)に出会い、2人は運命的な恋に落ちる。近衛隊隊長でフェルゼンを密かに恋する男装の麗人オスカル(大空)、オスカルを一途に慕う幼なじみのアンドレ(安蘭けい)、オスカルの求婚者で近衛少佐のジェローデル(涼紫央)、そして革命派のベルナール(立樹遥)と妻のロザリー(陽月華)。フランス革命の嵐のなか、それぞれの運命が激動する…。

【公演情報】
’06年/星組/宝塚大劇場/出演:湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい/大空祐飛 ほか

» ご希望の作品が見つからない場合