今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

アカギ 第21巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

アカギ 第21巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:福本伸行

昭和33年、高度成長期まっただ中の時代。雨降りしきるある夜、とある雀荘でヤクザ相手に命がけの勝負を挑んでいた南郷は徐々に窮地に追い込まれていた。その時突然、ずぶぬれになった一人の少年が雀荘に入ってきた。少年にただならぬ気配を感じた南郷は、麻雀牌すら握ったことのない彼に代打ちをさせる。この時から伝説がはじまった。少年の名は赤木しげる……。のちに“神域の男”と呼ばれる男である。

濃赤色で繰り広げられる聖餐はさらに血の匂いが立ちこめる。賭けるものがなくなれば己の血を賭け、血がなくなれば肉があり内臓がある。食屍鬼は己の血肉を喰らう二律背反の錯乱に至った。なぜならば、戦慄する恐怖。骨の髄まで染み渡る恐怖。狂気を選択したくなるような恐怖に心が無残に捻れたのだ。奴に敗北するということはそういうことなのだ。奴…。――後に“神域の男”として裏社会に君臨する赤木しげるだった。

  • 出版社名:フクモトプロダクション
  • 総ページ数: 200ページ
  • 立ち読みページ数: 20ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合