今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

弐十手物語 第86巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

弐十手物語 第86巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:小池一夫

著者:神江里見

週刊ポスト誌上において、26年間休みなく、単行本にして実に110巻分の長期連載を続けた怪物級時代劇漫画! 小池一夫的力技エロシーンも作中にふんだんに挿入されてマス。その気性の荒さから「狼の睾丸(ふぐり)」の異名をとる同心・藤掛飯伍と、その手下で女ったらしの十手持ち・由造、「弐十手」と称される息ぴったりの名コンビの活躍を描く。途中から主役扱いになる見習同心・鶴次郎に、すべての男性読者が嫉妬すること必至(モテすぎ、ヤリすぎ!)。同心の藤掛飯伍と配下の由造、そして鶴次郎が南町奉行所を舞台に暴れまくる、人情味あふれる捕物帖。名コンビ入魂の力作!

厳寒の江戸に戻った鶴次郎は、縁あって材木問屋・美濃屋の未亡人おみやと深い仲になった。おみやは夜鷹に身をやつしていたが、亡夫が集積した蠣殻が幕令の改正で宝の山となった。鶴次郎とおみやは、大火で焼け出された江戸の民のことを考え、その蠣殻を無料で放出することに決める。ところが、同業の相模屋が大量の蠣殻を高値で売り出し始めた。裏があるとにらんだ鶴次郎は…。

  • 出版社名:グループ・ゼロ
  • 総ページ数: 222ページ
  • 立ち読みページ数: 20ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合