今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
あなた好みの1本を発見! 進化系 AVレコメンド
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

蘇る!昭和ブルー・フィルム傑作選 完全取り下し 風立ちぬ 〜土佐のクロサワ監督の幻の名作をドラマ化〜

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

蘇る!昭和ブルー・フィルム傑作選 完全取り下し 風立ちぬ 〜土佐のクロサワ監督の幻の名作をドラマ化〜

  • 72時間
  • 2:00:43
  • 300円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

ブルー・フィルムというと、団塊世代以上の諸兄が温泉地や花街の秘密上映会で一度は観た事のあるサイレントな16ミリ、8ミリのエロ映画。男女の赤裸々で淫らな情交シーンを大画面に炸裂させた数多くのブルー・フィルムの中でも、土佐モノと呼ばれる四国の映像はストーリー性があり文学的なエロ映画として人気が高かった。
『昭和熟女ドラマ館レーベル』が晩秋に贈る新作ドラマは、ブルー・フィルム界のクロサワと呼ばれた土佐の名匠の作品『風立ちぬ』をAVドラマ化しました。昭和29年に発表されたという、このブルー・フィルムは当時の文壇の作家たちを歓喜させ、遊郭や料亭、温泉地での秘密上映会でも圧倒的な人気でした。このブルー・フィルムは作家・堀辰雄の小説『風立ちぬ』へのオマージュとしてつくられたそうです。
今やその痕跡も全く残っていないブルー・フィルムはAVの原点であり、日本エロ文化を語る意味でも、幻の遺産として学問的研究が待たれます。そういう中、ドラマAVとしてリリースする事は、AVファンの中高年にとっても意義深いものです。
出演者は爆乳抜群プロポでファンを圧倒する久保麗子が、土佐の高地性集落(山上の集落)
で健気に生きる農婦を演じ、演技派美熟女・堀越光恵が、かつてブルー・フィルムの女王と呼ばれた実母を想い、AVで母が演じた役を追体験します。戯中、上映されるのは土佐ものブルー・フィルムの傑作群です。
イチ押しの昭和ドラマAVの傑作です!

監督:伊勢鱗太朗

» ご希望の作品が見つからない場合