今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

女帝花舞 第7巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

女帝花舞 第7巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:和気一作

著者:倉科遼

祇園の節分行事“お化け”の日に、征四郎が若手歌舞伎俳優・高山左近たちを連れてきて、雪乃と明日香に紹介した。一方、謙司が『よし野』にやってきて明日香と会う。自分たちの親の因縁を知り、明日香と結ばれるのが宿命だと思い込む謙司。そんな中、明日香に目をつけた左近が、明日香を座敷へと呼びはじめた…。雪乃が抱かれた後、忘れていった携帯を使って、ホテルへ明日香を呼び出す征四郎。犯されかけるが、明日香は辛うじて逃げた。ところがそれを写真に撮られ、雪乃と明日香の征四郎を巡っての三角関係として週刊誌で話題になってしまう。しかし代志乃は明日香を守り、祇園の客たちも、却って明日香を慰めるのだった…。

  • 出版社名:株式会社松文館
  • 総ページ数: 200ページ
  • 立ち読みページ数: 10ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合