今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

女帝花舞 第10巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

女帝花舞 第10巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:和気一作

著者:倉科遼

謙一が謙司を連れて座敷に現れた。明日香に礼を言って、謙司をこれから通わせると約束した。それを知り、怒る萩美…。康平は明日香の売春疑惑を一笑に付して、明日香を励ました。級友を連れて祇園にやってきて、明日香を座敷に呼ぶ謙司。しかしその上の部屋で、亀田派の府連・鈴木が、萩美に明日香を祇園から追い出す謀議を持ちかけていた…。そんな折、日本の影のドン・猪郷精之介が祇園を訪れ、明日香を座敷に呼ぶ。代志乃の古いなじみでもあり、明日香に興味を抱いてやってきたのだ。猪郷は明日香を気に入り、これから通うことにする。一方の萩美は鈴木から、謙司を祇園に通わせ、いつ来るかを連絡してくれと頼まれており…!?

  • 出版社名:株式会社松文館
  • 総ページ数: 200ページ
  • 立ち読みページ数: 10ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合