今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

女帝花舞 第13巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

女帝花舞 第13巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:和気一作

著者:倉科遼

“戦争を止めたのは、明日香!”京都では再び明日香の評判があがった。猪郷の価値を認識した明日香は、自分の処女を買ってもらう相手“水揚げ”を、猪郷に頼む決心をする。彩香にも会い、異存のないことを聞いた猪郷は、明日香の“衿かえ”支度一式を揃えてやることに。覚悟を決めて、猪郷の座敷に入る明日香。しかし猪郷は明日香を抱かず、“水揚げ”をしたことにして、「後見人にはなってやるが、処女は好きな男にあげなさい」と諭す。猪郷の優しさに感動し、その膝にすがって泣く明日香。こうして明日香は晴れて“衿かえ”し、舞妓を卒業して芸妓になった…。

  • 出版社名:株式会社松文館
  • 総ページ数: 200ページ
  • 立ち読みページ数: 10ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合