今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

女帝花舞 第18巻

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

女帝花舞 第18巻

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:和気一作

著者:倉科遼

明日香と初めて愛し合った後、武士は金沢へ向かう。そんな中、亀田、鈴木、板東の3名が先斗町で顔を合わせて、提携の密談をする。その座敷には三千歳がいた。ちょうど三千歳を訪ねてきていた明日香が、その密談場を目撃する。しかし明日香に尋ねられた三千歳は、上手くはぐらかした。もう覚醒剤まで打たれて、板東の意のままになっていたのだ…。組に戻った武士は、賭場の摘発は情報を流しているスパイが居るためだと目星をつけた。「誰が組を裏切っているのか?」…。一方康平には、舞妓の豆千代が惚れていた。裏切り者は、若い頃から武士の面倒を見てきた、若頭の久保田だった。「武士を殺せ」と久保田をけしかける板東…。

  • 出版社名:株式会社松文館
  • 総ページ数: 200ページ
  • 立ち読みページ数: 10ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合