今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

蘭陵王 第8話 復活した周の皇子

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

蘭陵王 第8話 復活した周の皇子

  • 168時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

西暦600年頃の中国南北朝時代。北朝では戦乱が続いていた。その中で、北斉の皇族であり、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけている不敗戦神・蘭陵王がいた。蘭陵王は宿敵・北周との交戦中、ひょんなことで北斉と北周の国境線上の仙人の村に迷い込んだ。その村の舞女で予知能力を持つ祖母に育てられた楊雪舞と出会い、惹かれていくのだが…。【蘭陵王とは…】中国南北朝時代(5〜6世紀)の北斎の王、高長恭のこと。高長恭はもっぱら蘭陵王として知られ、彼の戦勝を記念して作られた楽曲が日本にも伝わり、雅楽の曲目になった。またその他にも、その美しく勇猛な彼の物語を、三島由紀夫をはじめ多くの作家が描いている。

ストーリー

周軍の厳重な警備でなかなか解毒薬を手に入れることができない雪舞は、自ら毒薬を服薬し、宇文武が口移しで飲ませた解毒薬を手巾に含ませることに成功する。一方、斉を攻める宇文武は高緯率いる斉軍を打ち破り洛陽城に追い込む。時を同じくして、暁冬が命がけで持ち帰った解毒薬で回復した蘭陵王が立ち上がろうとしていた。

2013年/中国/48分/日本語吹替版
監督:フランキー・チェン
出演:ウィリアム・フォン、アリエル・リン、ダニエル・チャン、ジョージ・フー

» ご希望の作品が見つからない場合