今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

蘭陵王 第18話 停戦と仏寺建立

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

蘭陵王 第18話 停戦と仏寺建立

  • 168時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

西暦600年頃の中国南北朝時代。北朝では戦乱が続いていた。その中で、北斉の皇族であり、美しさ故に戦いに赴く際には仮面をつけている不敗戦神・蘭陵王がいた。蘭陵王は宿敵・北周との交戦中、ひょんなことで北斉と北周の国境線上の仙人の村に迷い込んだ。その村の舞女で予知能力を持つ祖母に育てられた楊雪舞と出会い、惹かれていくのだが…。【蘭陵王とは…】中国南北朝時代(5〜6世紀)の北斎の王、高長恭のこと。高長恭はもっぱら蘭陵王として知られ、彼の戦勝を記念して作られた楽曲が日本にも伝わり、雅楽の曲目になった。またその他にも、その美しく勇猛な彼の物語を、三島由紀夫をはじめ多くの作家が描いている。

ストーリー

斉に戻った蘭陵王(らんりょうおう)は、周との停戦協議書を皇帝に献上し称賛を受ける。それをおもしろく思わない高緯(こうい)は、貧困に苦しむ民を思って反対する蘭陵王を制し、仏寺建立案を推し通す。宮中では蘭陵王と雪舞の婚礼準備が慌ただしく進んでいた。一方、追放され官奴となっていた鄭児(ていじ)は、地獄のような仏寺建立の現場で働かされていた。

2013年/中国/48分/日本語吹替版
監督:フランキー・チェン
出演:ウィリアム・フォン、アリエル・リン、ダニエル・チャン、ジョージ・フー

» ご希望の作品が見つからない場合