今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第34話 「高陽の儒学者」 (吹替版)

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

項羽と劉邦 第34話 「高陽の儒学者」 (吹替版)

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

ストーリー

懐王(かいおう)は項羽が国を売った宋義(そうぎ)を殺したことを報告されると、項羽を上将軍に命じ全軍の指揮をまかせた。心を病んだふりをする胡亥(こがい)の様子を見た趙高(ちょうこう)は半信半疑ながらとりあえず生かしておくことにする。突然、劉邦を訪ねてきた儒学者・?食其(れきいき)は戦わずに陳留(ちんりゅう)を手にいれて見せると約束し、友人の県令を殺すことで陳留を無血開城、劉邦の信頼を得る。崇信(すうしん)は、章邯(しょうかん)を呼び戻し宴席を設け、そこで趙高を暗殺しようと提案し、晨曦(しんぎ)に文を書かせようとする。その後趙高に夜中に呼び出され釣りの相手をさされた崇信は、趙高に池を作るように命ぜられる。劉邦軍は開封(かいほう)を攻めるが、襲来した楊熊(ようゆう)率いる秦軍に蹴散らされ、急ぎ逃げようとしている所に秦の甲冑を来た張良(ちょうりょう)が現れる。張良は秦軍を装い劉邦に加勢に来たのだった。趙高は面会に来た司馬欣(しばきん)に劉邦を殺せず逃亡した楊熊の首を渡す。驚く司馬欣に趙高は愚かに動くと章邯もこうなると脅すのだった。

2012/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン、ドアン・イーホン、ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合