今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第37話 「鉅鹿(きょろく)の戦い」 (吹替版)

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

項羽と劉邦 第37話 「鉅鹿(きょろく)の戦い」 (吹替版)

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

ストーリー

項羽は全軍が川を渡りきるのを待たず、秦軍へ奇襲をかける。秦の将軍・蘇角(そかく)は楚の後続部隊を断つよう指示、両軍は激戦を繰り広げる。戦の成り行きを見ていた趙王は諸侯に出陣を求めようとするが、鉅鹿から各国陣営に通じる道は秦軍によって封鎖されていた。 鉅鹿郊外でのろのろと前進していた陳余(ちんよ)だったが、項羽軍はすぐに壊滅すると見て前進をやめる。魏豹(ぎほう)も項羽の部隊が秦軍に包囲されたと聞き、そのまま軍営から動こうとしない。 しかし、楚軍の奮闘により秦軍が大敗したと知ると、陳余は鉅鹿への突撃を命じる。魏豹も兵を率いて鉅鹿へ向かおうとするが、項羽の命により軍営で待機させられる。 項羽は趙王の出迎えを受け鉅鹿の王宮を贈られる。王宮で虞姫(ぐき)は金銀の装飾品には目もくれず編鐘を奏でていた。項羽と互いの気持ちを語り合い剣舞を舞う虞姫。項羽もまた虞姫の手をとり、寄り添って舞うのだった。 劉邦は南陽を攻め、勝利を収めるが、南陽郡守は宛城まで退却すると門を閉ざして立てこもってしまう。仕方なく宛城を攻撃した劉邦は陥落間際になって攻撃をやめ、郡守に好条件を出して降伏を促す。

2012/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン、ドアン・イーホン、ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合