今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第48話 「酒蔵の密談」 (吹替版)

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

項羽と劉邦 第48話 「酒蔵の密談」 (吹替版)

  • 168時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

ストーリー

韓王から呼び戻され帰る張良(ちょうりょう)が通りすぎた後、関中につながる桟道が炎上する。項羽(こうう)は諸侯が領地に帰る中、英布(えいふ)だけがまだなのを知る。その時、若姜(じゃくきょう)が顔に青あざをつけて来る。項羽が英布から理由を聞こうとすると、英布は若姜が秦国の姫君ではないかと言う。 韓信(かんしん)は蕭何(しょうか)の幕舎で図面の整理をしていたが、糧秣の図に密かに戦の図を書き入れたりして、蕭何に厳しく注意されるが本人はまるで反省しない。 盧綰(ろわん)は蕭何に兵の逃亡が続いていると報告に来る。だが蕭何は南鄭(なんてい)に着けば農業と畜産で暮らしは落ち着く、それまで辛抱しろと話す。韓信は村で酒を飲みケンカをしてしまう。翌日、夏侯嬰(かこうえい)が韓信を捕らえに来るが、韓信が書いた多くの竹簡に気づき蕭何に見せる。それを読んだ蕭何は劉邦(りゅうほう)に韓信の能力を伝え刑の赦免を願い出る。 懐王(かいおう)は張耳(ちょうじ)と陳余(ちんよ)を酒蔵に呼び、反乱の相談を持ちかける。しかし陳余が項羽に密告し、項羽は一芝居うって懐王に脅しをかける。 韓信は不満を蕭何に訴えるが、蕭何は小さいことさえできない者に大きな仕事はできないと言う。それでもなお、指導者はバカばかりだとうそぶく韓信に、蕭何は期限内に山村から食糧を持ち帰る仕事を命じる。だが韓信は待てど暮らせど帰らず、蕭何があきらめかけた時、帰ってきた韓信が持ってきた食糧はほんのわずかばかりで…。

2012年/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン,ドアン・イーホン,ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合