今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第59話 「蕭何、劉邦を叱る」 (吹替版)

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

項羽と劉邦 第59話 「蕭何、劉邦を叱る」 (吹替版)

  • 168時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

ストーリー

50万の敵軍に3万の兵で勝利を収めた項羽(こうう)だったが腹の虫は収まらず、劉邦(りゅうほう)を捜し出して恨みを晴らそうとしていた。しかし劉邦は見つからず、范増(はんぞう)は、劉邦は自信を失って再起不能だ、劉邦を捜すよりも兵糧を彭城(ほうじょう)の民に分け与えて民心をつかむべきだと項羽に助言する。范増の言葉通り、劉邦はすっかり自信を失い沛県で漫然とした日々を送っていた。盧綰(ろわん)が涙ながらに気力を奮い立たせるように懇願しても効果はなく、見かねた張良(ちょうりょう)は蕭何(しょうか)を沛県に呼んだ。劉邦の前に現れた蕭何は昔のように「劉邦」と呼び捨てにすると激しく叱咤した。その後、張良も加わって、項羽は勝利したように見えて実は不安な要素が多くあり、味方は韓信(かんしん)が新たに立て直しを計っており、漢軍の兵も気力を失っていなし、まだ十分に項羽と渡り合える、と説得した。劉邦はもう一度やり直そうと決心し、全軍を引き連れて?陽(えいよう)へ向かう。惨敗したことを気にしてこっそり夜のうちに町へ入った劉邦だったが、将たちを前に改めて決意を表明する。戚(せき)夫人は如意(にょい)とともに?陽の劉邦のもとへ向かっていた。戚夫人は道中の馬車の中で太子になることが唯一生き永らえるための道だと如意に言って聞せるのだった。

2012年/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン,ドアン・イーホン,ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合