今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 第21話 責任の矛先

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 第21話 責任の矛先

  • 48時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

大事なお知らせ

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • XBOX360

解説

不動の全米人気No.1を誇る医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』のスピンオフドラマ、待望の新シーズンがスタート!
デルを亡くした悲しみを胸に、日々多くの患者と、自分たちの心の傷に向き合う医師たち。サムに惹かれながらも、求めるものが異なると気づきはじめたアディソン。親友だったナオミともぎくしゃくし、アディソンは次第に孤独感を深めていく。またピートと結婚したヴァイオレットは、ケイティに襲われた体験談を執筆するが、事態は予想外の展開に。クーパーと婚約したシャーロットにも、思いもよらぬ事件が襲いかかり…。アディソンを中心に、誰もが直面する悩みや葛藤と真摯に向き合うオトナたちを描く、少し辛口な『グレイズ・アナトミー』。

ストーリー

2ヶ月前に中絶手術を受けたパティが、腹痛を訴えアディソンを訪ねて来た。診察の結果、手術に失敗し妊娠19週目であることが判明。危険を伴う後期中絶に反対のナオミは、アディソンに内緒でパティを説得。それを知ったアディソンは、自分の患者を洗脳したと激怒する。同じ頃、ERにデルの娘ベッツィーが運び込まれたと連絡が。検査の結果、過去にもケガをしていることが判明したベッツィーを見て、クーパーは里親による虐待を疑う。またベッツィーは、ヴァイオレットに“なぜ一度も会いに来てくれなかったのか”と訴える。

2010-11年/アメリカ/48分/日本語字幕版
製作総指揮:ションダ・ライムズ、ベッツィ・ビアーズ
出演:ケイト・ウォルシュ、オードラ・マクドナルド、ティム・デイリ、テイ・ディグス、エイミー・ブレネマン、ポール・アデルスタイン、ケイディー・ストリックランド、ブライアン・ベンベン

» ご希望の作品が見つからない場合