今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ドクター・フー シーズン4.5 第3話 火星の水

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

ドクター・フー シーズン4.5 第3話 火星の水

  • 48時間
  • 0:48:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

大事なお知らせ

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

2013年、生誕50年を迎えるイギリスの国民的SFアドベンチャー・ドラマ・シリーズ、第5シリーズへの橋渡しスペシャル編。
彼の名はドクター。彼は時間と空間を超えて旅をするエイリアンだ。残虐な異星人ダーレクとの全面戦争によって、ただ一人残された惑星ガリフレイの人間。彼は、時空を自由に行き来できるポリスボックス型宇宙船ターディスに乗り、地球人の仲間と一緒にあらゆる時代のあらゆる場所へと移動しながら、様々な事件を解決していく。
2005年に新シリーズとしてスタートし、イギリスのみならず世界中で大きな成功を収めたシリーズ。主演の10代目“ドクター”には「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のデイヴィッド・テナント。本シリーズでラッセル・T・デイヴィスなどの製作陣と共に惜しまれつつ11代目“ドクター”マット・スミスへバトンタッチを果たす!

ストーリー

2059年11月21日の火星に到着したドクター。その頃の火星には“ボーイ・ベース・ワン”という人類初のコロニーが築かれていた。そのコロニーで研究を続ける人々に危機が訪れる。飲料用にと火星の氷河から切り出した氷がウイルスで侵されていたのだ。研究員たちは次々とそのウイルスに感染し、見るもおぞましい姿となってしまう。ドクターと、コロニーの指揮官アデレードたちはコロニーを捨て、その場から脱出する決意をするが、“水のゾンビ”と化した研究員たちはドクターたちを執拗に追いかけてくる。一方、この事件でコロニーの全員が死ぬことを知っていたドクターは、彼が研究者たちを救ってしまうと歴史を変えてしまうことになり、彼らを見殺しにするか救うかで苦悩する…。

2009年/イギリス/48分/日本語字幕版
製作:ニッキ・スミス
製作総指揮:ラッセル・T・デイヴィス、ジュリー・ガードナー
脚本:ラッセル・T・デイヴィス、フィル・フォード
出演:デヴィッド・テナント、リンゼイ・ダンカン、ピーター・オブライエン

» ご希望の作品が見つからない場合