今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

25年目の弦楽四重奏

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

25年目の弦楽四重奏

  • 48時間
  • 1:46:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android

解説

不世出の音楽家ベートーヴェンが、亡くなる半年前に完成させた『弦楽四重奏曲第14番』。その傑作をモチーフに、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケンらオスカー俳優たちが極上の人間ドラマを奏でる音楽映画。ベテランのチェリストが引退宣言したことで、互いの感情が露呈したカルテットが、不協和音を調律し、美しいハーモニーを取り戻すまでを描く。

ストーリー

フーガ弦楽四重奏団は、冷徹なまでに精確な演奏で客を魅了する第一バイオリンのダニエル、色彩と質感を与える第二バイオリンのロバート、深みを添えるビオラのレイチェル、そしてチェロのピーターによって完璧な四角が支えられている。そんな彼らの結成25周年前夜、突然、ピーターが今季をもって引退したいと申し出る。彼は医師からパーキンソン病を宣告されたのだ。

2012年/アメリカ/106分/日本語字幕版
監督・脚本:ヤーロン・ジルバーマン
出演:クリストファー・ウォーケン、フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、マーク・イヴァニール

» ご希望の作品が見つからない場合