今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

姦淫特急 満潮 第二話 [フルカラー版]

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

姦淫特急 満潮 第二話 [フルカラー版]

  • 80日
  • 250円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:姦淫特急 満潮シリーズ

静かな夜の海沿いを激走する特急電車。誰もいない車内のデッキ、壁に顔を押し付けられる美樹の胸、鎖の音。弱々しく此方を見て美樹は呟く、「もう許して…言うことは聞きますから…」。そんな美樹を見下ろしながら精治は、「ようやく理解できましたか、貴女は優秀なこの列車の副車掌なのですよ」と告げる。精治は手にしたバイブで激しく美樹を責める。「もうこの列車からは降りられないのでご心配なく」と精治が告げると、美樹は絶望する…。そう、この列車こそ、メス犬開発専用に作られた調教列車だったのだ!!(フルカラー65ページ)

» ご希望の作品が見つからない場合