今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

熟れた女の香り蒸す絶海猥習温泉街

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

熟れた女の香り蒸す絶海猥習温泉街

  • 80日
  • 400円+税

立ち読み 読む あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

著者:友梨かもめ

会社をリストラされ、なにをやってもうまくいかず疲弊していた川田景郎。たまたま自身と同じ名前の島で、温泉宿での住み込みバイトの募集を見つけた川田は応募する。都会の喧騒を離れ、田舎の温泉宿でリフレッシュがてら…と考えてのことだ。川田を雇った温泉宿『陽炎楼』では、女将が川田の到着を待っていた。女将の胡蝶は熱っぽく憂いを帯びた目をし、女の匂い沸き立つこの世のものとは思えないほど美しい人だった。温泉バイトの業務内容は雑用が主で、なかなかにハードなものだった。「のんびり温泉に浸かりながら働けると思ってたけど…甘かったなあ…」そんな川田に、世話役を任されている仲居の蛍が、一日の最終業務をして欲しいと声をかけてきた。振り向くとそこには、一糸まとわぬ蛍の姿が!「うわあああ! なにしてるんですか蛍さん!!」川田の残された仕事とは、蛍の背中を流すことだった。常識はずれな業務に戸惑いつつ、蛍の身体を洗い終えると、今度は自分が背中を流すと言って跨ってきて――。

» ご希望の作品が見つからない場合