今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第3話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第3話

  • 48時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

第二次大戦下のロシア戦線。夜の暗黒を利用して飛来する一群の爆撃機があった。それはソ連軍において女性のみで構成された飛行部隊、通称「ナイトウィッチ(夜の魔女)」だった。彼女たちの任務はドイツ軍に捕らわれているソ連軍の将校が拘束されている基地を爆破することだった。作戦は成功したものの、2名のパイロットが戦死する。部隊を率いるゼンニャ中尉は部下を失ったとともに、有能なパイロットで親友でもあるガーリャが、私怨から単独でドイツ軍を攻撃、上層部の怒りを買い、懲罰の対象になったのだ。悲しみに暮れる暇もなくゼンニャに、新たな命令がくだる。最前線で展開するソ連軍小隊とともにドイツ軍の輸送基地を破壊することだった。任務の特性上、ゼンニャのみでの単独飛行であった。高度な飛行テクニックと小隊の援護でドイツ軍基地を撃破し、無事帰還を果たしたゼンニャ。彼女はこの成功を、親友ガーリャの懲罰を取り消す機会に利用しようと考えるが…。

ストーリー

ナチスに潜入していたスパイのKGB職員は、知り過ぎているということですぐには殺されず、別場所で処分されることになった。車で移動させられるスパイ。一方ソ連軍基地では、スパイが盗み出す予定の地図なしで作戦実行を余儀なくされる。やはり作戦は見破られ、ナチス軍の航空部隊に待ち伏せされていた!一般市民を守りながら、辛くも勝利を収めるナイトスワローズたち。そこでウリアナが負傷してしまう。ガリーナがパイロットに復帰したので、優秀な整備士がいなくなってしまい、飛行機が不調なのだ。それなのに、ガリーナは過去のトラウマでまだ本調子ではない。そんなガリーナを責めるジェーニャ。それはガリーナを鼓舞する意味があった。そんな時、ドイツ軍から徴集した精度の高いガソリンを見つけるスワローズ。徴収品を使うのは違反だが、任務を成功させるためにはそのガソリンが必要だ。ジェーニャは苦渋の決断で、ガソリン仕様の許可を出した。そのおかげで、全滅させられる勢いだった地上部隊の援護作戦が成功し、スワローズたちの名声がさらに高まるのだった。

2012年/ロシア/45分/日本語字幕版
監督:ミハイル・カバノフ
出演:タチアナ・アーントゴルツ、エリザヴェータ・ニローヴァ、デニ・ニキフォロフ

» ご希望の作品が見つからない場合