今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

リッパー・ストリート 第7話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

リッパー・ストリート 第7話

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

本作は1話完結のフィクションでありながら、切り裂きジャック事件を追った実在の刑事がモデルとなったフレッド・アバーライン、エドムンド・リードらをストーリーに登場させている。第1話では、ジャックのコピーキャットを思わせる事件が発生、また最終話では切り裂きジャック事件を取り上げ、新たな展開が繰り広げられるなど、世界中で知らない人はいない未解決事件”切り裂きジャック”のエッセンスを巧みに織り交ぜながら、巧妙に練られたストーリーラインが魅力のテレビシリーズ。登場人物それぞれが秘密を抱えており、各キャラクターのサイドストーリーも魅力の一つとなっている。

ストーリー

ある日、海運王のセオドア・スウィフトが米国からやってきた。彼の訪問の目的は、英国で傾きかけているアルゼンチン海運(AMC)を買収するではないかという噂だった。一方、1人の男の水死体があがる。彼は服装から、技師と推察され、潮の流れから、AMCで雇われていたサミュエル・ファンソープ氏と分かる。AMCは、業績不振で傾いていたため、売却を考えていたが、社長のブルートンは、最新型のエンジンを開発し、業界で最速の船を造ろうとしていた。そんな矢先に、主任技師のファンソープが死に、会社には売却しか道がなかった。そして譲渡先として名乗りを上げていたのが、セオドアが社長を務めるスウィフト社であった。
ファンソープの死亡により、リードは妻のマーサと話すが、マーサが挙動不審のため、ホッブズに張り込みをさせる。その後、AMCのエンジンを開発していたのは、サミュエルではなく、実はマーサであったと分かる。スウィフトは、実は用心棒のグッドナイトにサミュエルを殺させていたが、今度はマーサを誘拐させる。そして、その現場を抑えたホッブズは、冷酷非道なグットナイトに殺され、殉職する。
AMCの技師がマーサであることを公にすれば、売却をせずに済む。そのため、ブルートンは株主総会で、実はマーサが技師であることを明かす。買収に失敗したスウィフトはこっそり逃げようとしたが、リードたちに抑えられる。
スウィフトらが英国に来たもう一つの目的は、スウィフトの娘を探すことであった。その娘とはロング・スーザンだった。そして、ジャクソンは、スーザンの元用心棒であったが、彼女と恋に落ちたため、英国へ駆け落ちしたのであった。そして、ジャクソンの実名は、マシュー・ジャッジであることが明らかになる。グッドナイトは、マシューに兄弟を殺されており、彼はその復讐も果たそうとしたが、逆にマシューに撃ち殺される。ホッブスの仇討ちは果たされ、警官たちは一様に安堵する。
そんな矢先、また新たな売春婦が殺され、ジャクソンに容疑の目が向けられる。

2012年/イギリス/45分/日本語字幕版
制作総指揮:グレッグ・ブレンマン、ウィル・グールド、エド・ギニー、アンドリュー・ロウ
出演:マシュー・マウファディン、ジェローム・フリン、マイアンナ・バーリング

» ご希望の作品が見つからない場合