今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

リッパー・ストリート 第8話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

リッパー・ストリート 第8話

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

本作は1話完結のフィクションでありながら、切り裂きジャック事件を追った実在の刑事がモデルとなったフレッド・アバーライン、エドムンド・リードらをストーリーに登場させている。第1話では、ジャックのコピーキャットを思わせる事件が発生、また最終話では切り裂きジャック事件を取り上げ、新たな展開が繰り広げられるなど、世界中で知らない人はいない未解決事件”切り裂きジャック”のエッセンスを巧みに織り交ぜながら、巧妙に練られたストーリーラインが魅力のテレビシリーズ。登場人物それぞれが秘密を抱えており、各キャラクターのサイドストーリーも魅力の一つとなっている。

ストーリー

フランク・グッドナイトのワナにはめられ、ジャクソンは切り裂きジャックの容疑者おなり、留置場に入れられてしまった。アバーライン警部はようやく事件に終止符が打てる、と喜んでいた。
テンター通りの売春宿がピンカートンの襲撃後に傾いてしまったことを機に、ローズは人生をやり直そうと決意。そして、リード夫人の運営する女性の保護施設に身を寄せていた。ローズは新聞の恋人募集欄で、ある富豪と知り合い、彼と結婚することで人生の再スタートを切ることを夢見ていた。
一方、最近行方不明者が増えている上に、ローズまで姿を消したと聞いたリードは切り裂き事件のかつての容疑者、ビクター・シルバーのことを思い出す。ビクターは何を隠そう、リードが娘のマチルダとともに、難破した蒸気船ワッピング号に乗ることになったきっかけを作った男だ。リードは当時、彼を切り裂き事件の重要参考人と見ており、マチルダをともなって備考し、船に乗ったところ、船が難破したのであった。その際、ビクターとマチルダはすぐそばにいた。そのことから、ビクターが生きていれば、ひょっとしてマチルダはビクターとともにいるのではないかとの淡い期待を抱いていた。
その後、スーザンの売春宿の売春婦ベラをおとりにして、ビクターをおびき寄せるが、ビクターはベラに殺されてしまう。しかし、ベラがビクターの姉、クララの存在をほのめかしたことから、クララを発見。ビクター宅に乗り込む。しかし、そこにいた少女はマチルダではなかった。いずれにせよ、ローズは助け出され、事件は一件落着。そしてアバーラインも、もろもろの物証からジャクソンが切り裂きジャックではないことを認める。こうして平和を取り戻したかに見えたH管区署に、再び新たな事件が舞い込む。負債に苦しむ金物店の店主が、客を人質に立てこもったというのだ。リード、ジャクソン、ドレイクは早速現場へと向かう。

2012年/イギリス/45分/日本語字幕版
制作総指揮:グレッグ・ブレンマン、ウィル・グールド、エド・ギニー、アンドリュー・ロウ
出演:マシュー・マウファディン、ジェローム・フリン、マイアンナ・バーリング

» ご希望の作品が見つからない場合