今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ブラウン神父 第2話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

ブラウン神父 第2話

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

斬新かつ奇想天外なトリックを考えさせたら古今東西随一とも言われ、しばしばコナン・ドイルと並び称される、推理作家であり、評論家であり、詩人でもあるG・K・チェスタトン。彼が生み出したキャラクター”ブラウン神父”が、英国の小さな村で起こる難事件を天才的な推理で解決する大人気作!ブラウン神父は、まん丸顔に大きな帽子と、こうもり傘がトレードマーク。どこから見ても純朴で冴えない昼光灯のようにぼんやりした存在だが、事件が起こるや否や、長年懺悔を聞いてきたことによって培われた人間の邪心や本質に対する深い理解と洞察力を駆使し、事件の謎を探り当てる。それだけでなく、人間の心の闇を解き明かし、被害者そして容疑者の魂をも救おうとする。そんなブラウン神父を「ハリー・ポッター」の親友ロンの父親役でおなじみのマーク・ウイリアムズが愛嬌たっぷりに演じる。

ストーリー

貴族の令嬢、ルビー・アダムズの誕生日パーティーに招かれて、ブラウン神父と秘書のマッカーシー夫人が庭園を歩いている。2人はバスに乗り遅れたので、領地を横切って邸宅に向かっていた。しかし到着すると家政婦のスージーから、誕生日パーティーは中止になったと聞かされる。そして、ルビーの母親アン・マリー・アダムズの水死体が発見される。
屋敷には使用人以外に、アダムズ家のルビー、父であるアダムズ大佐、アン・マリーの親友であるフェリシア、ルビーの家庭教師であるジョン・ヴァンアート、遅れてきたブラウン神父をマッカーシー夫人だけがいた。当初、アン・マリーは足を滑らせて死んだと思われ、警察も”事故”とみなしていた。しかし、スージーが事件当日、アン・マリーと夫のアダムズ大佐が口論していたことを警察に告げ、アダムズ大佐に疑いの目がいく。そしてブラウン神父はボートに血痕を見つけ、アン・マリーはオールで殴られて死んだ可能性が高いと気が付く。被害者の首にひっかき傷があたことから、神父は何者かがアン・マリーにつけていた”フライング・スター”というダイヤの首飾りを奪おうとして、殺害したと推理する。
事件当日、20年間ケニアに渡り音信不通だったアン・マリーの弟、ジェームズ・トゥルーラブが帰国する。ナイロビから戻った彼は、20年ぶりに帰宅して姉の死を知らされる。そしてルビーの家庭教師、ジョン・ヴァンアート。2人はパーティーで婚約を発表するつもりだったが、身分と社会主義者である思想の違いからルビーの両親に大反対されていた。
葬儀が終わり、アン・マリーの遺言書を弁護士立ち会いのもと、一族で読み上げる。親友のフェリシアには装飾品を、トゥルーラブ家の家宝である”フライング・スター”は娘のルビーへ、個人的な本や手紙は夫の大佐へ、そして他は全て教会に寄付するという内容だった。
大佐は戦争中、背中に傷を負ったため、オールを振りかざすことはできない。社会主義のヴァンアートは首飾りに興味を示さない。ブラウン神父は疑いの目をジェームズに向ける。そしてジェームズの案でアン・マリーの追悼劇を上演する日に、20年間屋根裏部屋に放置されていたジェームズの靴が、彼の足の合わないことをフェリシアは知る。そして劇の途中、”フライング・スター”を身に着けたまま、ジェームズを名乗る男は逃走する。
首飾りを取り戻すために、ブラウン神父は運転手のシドと共にジェームズを追う。

2013年/イギリス/45分/日本語字幕版
監督:イアン・バーバー
出演:マーク・ウィリアムズ、ソーシャ・キュー、ヒューゴ・スピアー

» ご希望の作品が見つからない場合