今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

リッパー・ストリート シーズン2 第3話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

リッパー・ストリート シーズン2 第3話

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

シリーズ2では、悪名高きK署のシャイン警部補が登場し、エピソードごとに起こる事件の背景で、シリーズを通してリードVSシャインの対決が描かれる。汚職、殺人、とあらゆる悪事に手を染めた狡猾なシャインに対し、リードが翻弄されながらも追いつめていく過程は手に汗握る展開だ。

ストーリー

演芸場から、ウォルター・デスーザ議員が誘拐された。彼は、女性のジェーン・コブデン議員の対抗馬だったため、コブデンの関与が疑われた。その後、さらにスーザンのテンター娼館から、客のトーマス・イーライとスーザン、そしてデパートからカリントンという男が立て続けに誘拐される。3件の誘拐事件は、手口に共通点があったため、リードは同一犯の犯行を疑う。現場付近に落ちていた、女性向けのタバコから犯人は女の一味であると考えられる。
その後、レインという女性がリーダーの犯行グループであることが分かる。レインは、かつてマッチ工場で働いていた、元女工を養っていたが、彼女たちは皆、悪条件で働かされる一方、マッチ棒のリンによって、顎骨壊死という病気を患っていた。レインの妹もまた、同じ病気で亡くなっていた。
レインらは、彼女たちに苦境を味わわせた男たちに復讐するために計画を企てたのであった。そしてレインに誘拐されたスーザンは、レインと自分が似た境遇にあることに気付き、レインに親近感を覚える。スーザンは自立した女だと思っていたが、実際には夫もいれば、借金によって逆らうことができない関係にある家主、ダカンがいた。
リードたちは、レインの隠れ家を突き止めるが、人質を解放しようとしたレインを、スーザンを殺すのではないかと恐れたジャクソンが撃ち殺してしまう。レインに親近感を覚えていたスーザンは、ショックのあまり、茫然自失となる。

2013年/イギリス/45分/日本語字幕版
製作総指揮:ウィル・グールド、ポリー・ヒル、サイモン・ヴァウン
出演:マシュー・マウファディン、ジェローム・フリン、マイアンナ・バーリング

» ご希望の作品が見つからない場合