今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

江湖の薔薇 第14話

  • Googleでおすすめする
  • twitterでつぶやく
  • facebookでシェアする

江湖の薔薇 第14話

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS
  • XBOX360

解説

清朝末期、明家堡を率いる“明帝”は江湖の統一を目論み、他の門派への襲撃を繰り返していた。抗争に巻き込まれ命を落とした者たちの屍が横たわる街路を、ひと組の親子が歩いていた。医師の君無忌(くん・むき)とその幼い娘・綺羅(きら)である。折り重なる死体の山の中から、まだ息のある女の子を見つけた君綺羅は、彼女を家に連れて行くと言い張った。君無忌は根負けし、父母と死に別れたらしい少女を済世山荘へと連れ帰るのだった。沈斯如(しん・しじょ)と名乗った娘は、やがて君家の養女に。十数年の時を経て、しとやかで美しく、しかし、どこか影のある女性へと成長した。一方、姉の君綺羅は大きくなっても幼い頃と同じ、負けん気の強いお転婆娘だ。そんなある日、夜な夜な出歩く父の行動を不審に思った君綺羅は、こっそりと後をつけることに…。

ストーリー

(※こちらのあらすじは13、14話分の内容となります。)
沈斯如(しん・しじょ)への意趣返しとばかりに、冷淡な別れの手紙を残して姿を消した明少卿(めい・しょうけい)。しかし、彼女への想いを断ち切ることなどできはしなかった。少卿は再び、斯如のもとへと舞い戻る。斯如が梅家塢へ輿入れすることを中止させようと語る彼に、彼女はある策を授けるのだった。その一方で斯如は、もうひとつの企みを実行に移そうとしていた。それは、花解語(か・かいご)を焚き付けて、明家堡の堡主・明不戒(めい・ふかい)と総管・趙七(ちょう・しち)を一度に始末してしまおうというもの。斯如は2つの策を巡らせることで、自らが確実に栄華を手にできるよう謀っていたのだ。様々な思惑と謀略を乗せて、梅家塢への嫁入り行列が明家堡を発った。一行が山あいの道にさしかかったとき、黒ずくめの男たちが現れ…。

2008年/中国/45分/日本語字幕版
監督:ユエン・インミン、リン・ユーフェン
出演:ウォレス・チョン、スン・フェイフェイ、フォ・シーイェン、ミッキー・ホー、ウィリアム・フォン、サミュル・チャン、ダミアン・ラウ、シェレン・タン、ワン・シャオチェン、シャオ・ユーユー、ソン・ヤン

» ご希望の作品が見つからない場合