今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

萌えトーク炸裂対談 アニメ会の「このキャラは見逃せない!!」 「わっちは賢狼ホロ。――アニメのわっちを見てくりゃれ?」 狼の耳と尻尾を持つ可憐な少女と出会った行商人のロレンスは一緒に旅をすることになるが…。現在、ショウタイムでも絶賛配信中の「狼と香辛料」。不思議なヒロイン・ホロの姿に、国井・三平の2人が見逃すはずはない!というわけで今回も萌えトーク! とりあえず、今回で最終回でなんです!
第37回 『実家から送ってきたリンゴと香辛料』
国井咲也: さ、今月の作品は、花粉ならぬ、“可愛い”という名のスパイスたっぷりの『狼と香辛料』ですよ! 「わっちら」がこの作品を!
三平×2: もうとにかくホロが、かっっっっっっっわぃぃぃぃぃ!! 日本古来の花魁言葉の持つ、ナイフのような切れ味に、ほっろほろにされてます! わっちは日本人に生まれてよかったでありんす!
国井咲也: ホロかわいいですよねー。でも麦の豊作の神サマだから主人公の行商人のロレンスより、ずっと長く生きてる訳だから、色々アタマが回るんですよね。なんだろう。“一枚上手な可愛い人”っていうんでしょうか? 甘えるのにも、すごい頭の回転の良さがわかるっていうか…。だからあわてて“頭の良くなるシリーズ”のゲームとか買いましたよ!
三平×2: 確かに! でも見てるとロレンスがホロにコンプレックスを抱きつつ、かなりの鈍感だから気づいてないですが、ホロはロレンスを手玉にとっているように見せつつ、本人も気づいているか気づいてないかのとこで、ロレンスを好いている、という部分がまたいいんですよ。あの二人の間に俺が介入する余地はないですもん。一方クロエはどうですか?
国井咲也: ロレンスに腹を立てましたね。「モテすぎだ」と。原作を読んでいた作品だったので、三平さんが言うホロとロレンスの関係が既に「いちゃついてるなー。いいなー」とうらやましがっていた所に、あんなに美しい村の娘さんですよ! むしろ神などいない、と絶望しましたよね  (笑)。 三平さんはクロエより物語中盤に登場する羊飼いの女の子では?
三平×2: ノーラ! ホロより先に出会ってたら俺もどうなってたかわかりませんよ! まだ原作は2巻までしか消化してないですが、ノーラは全然主役張れる逸材ですね。サントラにはぜひ「ノーラが羊を数える声」を収録希望ですよ! 企画書出しちゃうよ俺は!
国井咲也: タイトルだけだとホラーみたいですよ! 確かにノーラの牧歌的なかわいさもいいですなぁ……でもやっぱりこの作品はホロ! やっぱりたまらんわ! なに、あのハチミツ漬けのモモとかリンゴの“おねだり”っぷり!
私はこれを観た時ほど「来年の確定申告ではガンバロウ」と強く念じた事はありませんでしたよ! ああっ! いくらでも買ってあげたい!
三平×2: ホロのリンゴ好きを知って、自分が青森出身という事に感謝しましたよ。実家に電話しましたもん。「母ちゃん、リンゴをダンボールで送ってくれ!」って。これでいつ何時ホロに出会っても万全ですよ。しかしこの作品、中世風の設定でありながら、剣と魔法ではなく行商人の商いという素材で、あそこまで物語を展開させるのはさすが! 他に類を見ない作品であることは確かです!
国井咲也: そうですね。“商売”っていうのはとても新しいですよね。じゃあ、ここからは少し作品そのものの魅力について語り合い……あっ! もう時間がぁっ! しかも今日でこのコーナーは最終回?! な、なんだってー!!
三平×2: まぁこの連載も丸3年続いてますからね。万象にはすべからく終わりがある! しかし破壊なくして創造もまたなし! 全ての終わりは始まりでしかない! ということで次回からはリニューアル新連載として新たなスタートを切らせていただきます!
国井咲也: まだまだ続く、わっちらの二次元行商をこれからも楽しみにしてくりゃれ(笑)
対談のなかで取り上げたアニメはこちらでご覧いただけます。
狼と香辛料
B-ch『狼と香辛料』
©支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会
アニメ会プロフィール
国井咲也(左) 三平×2(右)
フリーの芸人・国井咲也と大川興業所属の漫才コンビ『ペイパービュウ』の三平×2が1999年に結成したトークユニット「アニメ会」。
いわゆるアニメおたくの萌え話を、芸人テイスト満載の切り口・ネタ運びで独自の笑いに昇華させるその実力は、業界でも徐々に注目されつつある。
国井咲也は様々なアニメコスチュームに身をつつむだけではあきたらず、少女マンガの主人公に憧れるあまり両親をも巻き込んで、裁判所に本名を『咲也』と改名届けをだすなどの前人未踏の「少女漫画芸人」の地位を確立。
三平×2は同人誌収集を生涯のライフワークとし、男性向け女性向けの枠にとらわれないその膨大な蔵書は、既に1000冊余。2005年6月よりメンバーが国井、三平の二人から五人に増え更にパワーアップ。連載は、引き続き二人が担当
Blogアニメ会の日替わり定食
メンバー6名が勢ぞろい!
毎日更新中!
バックナンバー
第1回 『春日歩は新学期の夢を見るか?』(05.3.25)
第2回 『エウレカセブン、空から少女が舞い降りた!』(05.4.22)
第3回 アニメ会的『キャラ・コン』(05.5.27)
第4回 『ユリカ艦長の制服姿に世界和平の光を見た!』(05.6.24)
第5回 『憧れのビバップ・クルーと縁日!』(05.7.22)
第6回 『風華学園はキャラの宝庫』(05.8.26)
第7回 「前世ブームの火付け役『ぼくの地球を守って』を見る!」(05.9.22)
第8回 「潜入! 花右京家!」(05.10.21)
第9回 「恋風タイフーン“七夏”来襲」(05.11.18)
第10回 「今月は『ケロロ』で“行きまーす!”」(05.12.22)
第11回 「思考戦車に新たな“萌え”の可能性をみた!」(06.1.27)
第12回 「次の属性は“貴族”で、キ・マ・リ!」(06.2.24)
第13回 『“GPM”改め、“TPM”(ツン・パレード・マーチ)!!』(06.3.24)
第14回 『急募! 四本松さんみたいな上司っ!!』(06.4.21)
第15回 『できれば全キャラ「ぺと」ればいいのに』(06.5.26)
第16回 『スクラン恋愛ダ・ヴィンチ・コード!!』(06.6.23)
第17回 『かしましかしまし』(06.7.21)
第18回 『ふもっふを知らない大人たち』(06.8.25)
第19回 『ウンディーネに逢いたくて、僕達は猫ひろしに弟子入りする』(06.9.22)
第20回 『“美しい国”〜この国の新たなる道徳、ローゼンメイデン』(06.10.20)
第21回 『教祖誕生』(06.11.17)
第22回 『SWEET 10(TEN). エヴァンゲリオン』(06.12.22)
第23回 『おジャ魔女は永遠に不滅です!なのでハイスクール編をお願いします!』(07.1.26)
第24回 『彼氏彼女と俺らの事情』(07.2.23)
第25回 『もも子、早苗、いろは、孝士、咲也、三平…あ、数合った!!』(07.3.23)
第26回 『眼にみえぬ蟲。眼に見える情熱!』(07.4.20)
第27回 『ねこにゃんダンスで腰痛が治った! という驚きの声が続々と!』(07.5.25)
第28回 『月影先生!ボク達は誉めて伸びるタイプです!』(07.6.22)
第29回 『なおこの対談はアミーゴ・タコス中野店にて収録しております』(07.7.20)
第30回 『身分を越えるか、次元を超えるか……それが問題だ』(07.8.24)
第31回 『鬼太郎も半ズボン!次はショタコンじゃなくキタコンだ!』(07.9.21)
第32回 『少女革命から十年。ぼくらの革命はまだ起きない』(07.10.26)
第33回 『願い石で小さくなってやり直したい三十代男性の告白』(07.11.22)
第34回 「業界関係者よ!『全力でアニメ会に仕事を回せ!』 いや、ください!!」(07.12.21)
第35回 『デビルチョップはパンチ力、デビルキックは破壊力、デビルイメージは妄想力』(08.1.25)
第36回 『涼宮ハルヒの対談』(08.2.22)
第37回 『実家から送ってきたリンゴと香辛料』(08.3.21)