今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

男はつらいよとは

男はつらいよ 名シーン

日本を代表する国民的人気の松竹映画『男はつらいよ』シリーズは山田洋次原作・脚本・監督(一部作品除く)・渥美清主演で1969年に第1作が公開され、以後1995年までの26年間に全48作品を世に送り出すことになった名作中の名作。もともと渥美清が少年時代に経験したテキヤたちの思い出話を、山田洋次がイメージを膨らませて68年にテレビシリーズとして誕生したのがきっかけ。全26話がテレビ放送されたが、最終回でなんと寅さんがハブに噛まれて死んでしまう……。という驚きのエピソードに視聴者からクレームが殺到!脚本・監督を手掛けた山田洋次が"映画化"を思いつき、69年8月27日に第1作を公開してから、当シリーズの伝説が始まることに。83年には"一人の俳優が演じたもっとも長い映画シリーズ"としてギネスブックにも認定され、日本中から愛される作品として渥美清が亡くなるまで制作され続けた。『男はつらいよ』シリーズの全作品に、寅さんの人間らしい喜怒哀楽と人情がギッシリと詰められており、古き良き日本の家族の在り方や情緒・風情がシーン全体に散りばめられているのも、この作品が幅広い世代に愛される要因の一つとなっている。寅さんファンにとっては念願のネットでの一挙動画配信であり、見たことがない方にはこの機会にぜひ『男はつらいよ』の魅力を感じてほしい。「このチャンスに見なきゃおしめぇよ!」

寅さんを見守る面々

車寅次郎(渥美清)
車寅次郎(渥美清)通称「寅さん」。 東京、葛飾柴又の門前にある老舗の草団子屋「くるまや」五代目主人・車平造と、柴又芸者・菊(ミヤコ蝶々)の間に生まれる。16歳のとき、葛飾商業を中退して、放浪の旅暮らしのなかテキヤとなる。
諏訪さくら(倍賞千恵子)
諏訪さくら(倍賞千恵子)寅次郎の異母妹。戸籍上は櫻。幼少時に両親と秀才の兄をなくし、叔父夫婦に育てられる。高校卒業後、丸の内のオリエンタル電機に就職。20年ぶりに帰郷した寅次郎のおかげで、諏訪博と結婚。 長男・満男をもうける。
諏訪ひろし(前田吟)
諏訪ひろし(前田吟)さくらの夫。高校中退後、父・飃一郎とそりが合わずに家出。タコ社長の世話で朝日印刷へ入社。寅次郎が仲をとりもってさくらと結婚。論理的な思考の持ち主。成長した息子・満男とのコミュニケーションに頭を悩ませている。
諏訪満男(中村はやと/沖田康浩/吉岡秀隆)
諏訪満男(中村はやと/沖田康浩/吉岡秀隆)さくらと博の一人息子。高校では吹奏楽部でフルートを担当。浪人中、吹奏楽部の後輩・及川泉(後藤久美子)に恋をして、彼女に会うために家出をするなど情熱的な面もある。悩み多き青春を過ごしている。
車竜造(森川信/松村達雄/下條正巳)
車竜造(森川信/松村達雄/下條正巳)寅次郎とさくらの父・車平造の弟で、先代の没後に「くるまや」六代目主人となる。つねとの間に子供がいないため、さくらを実の娘のようにかわいがり、満男を孫のように思っている。寅次郎が頼りないため、後継者がいないのが悩みの種。
車つね
車つね(三崎千恵子)竜造とは見合い結婚。若い頃の夢は、日本橋の大きな呉服屋に嫁ぐことだった。寅次郎を出来の悪い息子のように思っている。情にもろく、面倒見が良い。寅次郎を尋ねてきた人々にも、自慢の手料理で歓待する。
桂梅太郎(太宰久雄)
桂梅太郎(太宰久雄)車家の裏手で朝日印刷を経営。寅次郎から"タコ社長"と呼ばれ、いつしか愛称となった。戦印刷工から叩き上げ、経営者となるが、中小企業経営の辛さを実感している。娘・あけみ(美保純)の天真爛漫ぶりに手を焼いている。
御前様(笠智衆)
御前様(笠智衆)柴又帝釈天・題経寺の住職。檀家からは"御前様"と親しまれている。寅次郎のことは幼い頃からの行状ぶりを見ており、いつも案じている。付属の幼稚園の園長も兼任。一人娘・坪内冬子(光本幸子)は、寅次郎の幼なじみ。
源公(佐藤蛾次郎)
源公(佐藤蛾次郎)題経寺の寺男。本名は源吉。関西方面で生まれ育ち、いつの間にか柴又で暮らすようになった。寅次郎を"兄貴"と慕い、舎弟として旅を共にしたこともあるが、寅次郎の行状や失恋を笑っていることもある。

寅さん定番フレーズ集

  • それを言っちゃあおしまいよ口げんかになった際においちゃんが「出てけ!」と言った時に寅次郎が返す有名なフレーズ。さまざまな作品で多用。
  • 相変わらず馬鹿か寅次郎が柴又に帰ってきた際に、顔なじみと言葉を交わす際の第一声。もともとは渥美清によるアドリブ。
  • 労働者諸君!機嫌の良い寅次郎が一時的にタコ社長の朝日印刷で働きに行く際、扉を開けると同時に印刷工に向かっていうフレーズ。
  • 貴様インテリだな口の達者な寅次郎が言い合いに負けたり、頭ごなしに理解できないことを言われたときにでるフレーズ。

ゆかりの地柴又めぐり

  • 柴又駅柴又駅「男はつらいよ」シリーズには柴又帝釈天参道や当駅がたびたび登場。駅前には「車寅次郎」の銅像も建てられ観光名所の一つになっている。
  • 柴又帝釈天柴又帝釈天正式名称は経栄山 題経寺。映画の舞台となり、寅さんゆかりの寺として知られるようになる。帝釈天参道は下町情緒豊かな町並がいまだ残る。
  • 草団子草団子柴又名物の草団子。庚申信仰が広まり帝釈天への参拝が盛んになり名物として親しまれた。映画の影響で「柴又といえば草団子」と認知される。
  • 高木屋老舗高木屋老舗映画「男はつらいよ」の撮影の度に、休憩や衣装替えに利用される。店内には「寅さんの予約席」も用意され、当時の貴重な写真等を数多く展示。
  • 寅さん記念館寅さん記念館実際の撮影に使用したお茶の間や、タコ社長の印刷所セットなどが保存され、寅さんの世界を存分に味わうことができる。柴又駅下車徒歩12分。
  • 山田洋次ミュージアム山田洋次ミュージアム10月29日に通算来館者400万人突破を記録した「寅さん記念館」に併設。入り口に設置した山田監督の胸像除幕式が11/8に行われた。
  • 矢切の渡し矢切の渡し江戸時代より続く、江戸川の渡し舟。松戸矢切エリアと葛飾柴又を結ぶ。映画にもたびたび登場、柴又に行くならおさえておきたい人気スポット。

全49作品紹介

  • 第1作~第10作
  • 第11作~第20作
  • 第21作~第30作
  • 第31作~第40作
  • 第41作~第49作
  • お得なパック

冒頭話無料

 
  • 男はつらいよ (第1作) 冒頭映像男はつらいよ (第1作) 冒頭映像 見る

    男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (第11作) 冒頭映像男はつらいよ 寅次郎忘れな草 (第11作) 冒頭映像 見る

    男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (第17作) 冒頭映像男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け (第17作) 冒頭映像 見る

    男はつらいよ 噂の寅次郎 (第22作) 冒頭映像男はつらいよ 噂の寅次郎 (第22作) 冒頭映像 見る

    男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (第40作) 冒頭映像男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 (第40作) 冒頭映像 見る