HTB北海道オンデマンド

HTB北海道テレビ系列で放送中の人気バラエティ・アニメ番組をゾクゾク配信!

HTB 北海道onデマンド TOPへ

HTB 北海道onデマンドバラエティ番組特集

イントロダクション

「どうでしょうって、知ってる!?」

 「どうでしょう」。HTB北海道テレビが1996年から2002年に放送したバラエティ『水曜どうでしょう』の面白さにハマった人は、この番組をこう呼んで、身近にいる人にこう問いかける。「ねぇ。どうでしょうって知ってる!?」。「知らない」「聞いたことない」と答えたら最後(笑)、そこから彼あるいは彼女の熱心な“普及”が始まるだろう。

 「ミスターと大泉さんが出演してて」「ディレクターの藤村さんと嬉野さんの4人で旅に出るんだけど」「DVDも発売されてて」…。 聞いている方はどんなに耳を傾けても、頭の中はチンプンカンプンだ。「大泉さんって、大泉洋のことだよね? ミスターって…誰!?」「ディレクターがテレビに出るの?」「レンタルショップでDVDを見たことがないけど…」。

続きを読む

番組紹介

こうして『水曜どうでしょう』は始まった!

 『水曜どうでしょう』は1996年に放送をスタート。出演者は鈴井貴之と大泉洋の2人だ。それまで鈴井は北海道で人気&集客共にNo.1の劇団を主宰していたが、やがてテレビの世界に進出し、この『水曜どうでしょう』の企画・構成も務めている。
 一方の大泉は、演劇サークルに所属する大学2年生。

 アルバイト感覚でHTBの深夜番組『モザイクな夜』に出演していたところを、ディレクターに見出され抜擢された。
 1回目の放送企画は『サイコロの旅』。振ったサイコロの出た目に従って、決められた場所を旅しながら最終的には北海道を目指すという企画としては単純なものだが、視聴者はさっそくテレビに釘付けになってしまう。それは、大泉がこの企画内容を知らされていないまま番組がスタートするためだ。
 ディレクターが、「サイコロを振って、出た場所へ行きます!」と勢いづく一方で、企画の内容を知っている鈴井はニヤニヤ。何が起こるのか分からずに呆然としている大泉の一言が、「聞いてないな…」。
 鈴井が振ったサイコロ一投目の行き先は松山! ここでディレクターが驚愕の一言を放つ。「松山まで、深夜バスで行きます。予算ありませんから…」。東京から松山まで、一晩中バスに乗って移動するというのだ。企画構成の鈴井は「移動だけにそんなに時間をかけて番組になるのか?」と疑問を感じたまま、大泉は「なぜ俺が松山に行かねばいけないのか」と納得できないまま、深夜バスに乗り込む。
 翌日の松山到着後も、4人は九州を巡り、さらには大阪へと、ちっとも北海道へ戻れる気配はない…。サイコロを振ったら、あとはすべて運まかせ。制作者も出演者も、この旅がどんなものになるのか分からない──。
 『水曜どうでしょう』はこうして、幕を開けたのだった。

続きを読む

人気の秘密

“知る人ぞ、知る番組”であり続ける理由

 『水曜どうでしょう』は6年間に渡って様々な企画を放送。大まかに「旅モノ」と「それ以外」に分けられる。北海道を飛びだして、海外や国内を旅する企画で予算を使ってしまった後は、お金のかからない旅以外の企画を放送する。それでも、企画構成の鈴井とディレクターが旅の行き先を決め、何も知らされていない大泉を連れだし、その後は台本がない行き当たりばったり、という基本姿勢は揺るがない。

 『水曜どうでしょう』ではディレクターの2人が特異な存在だ。普通、ディレクターは影の存在で、画面に出てくることはないが、この番組に限っては彼らも出演者である。大泉と子供のような喧嘩を繰り広げ、鈴井とは食べ物対決に夢中になる藤村ディレクターは文字通り、八面六臂の活躍。カメラを担当する嬉野ディレクターは普段はめったに喋らないが、含蓄のある言葉で3人を唸らせる一方、時に素っ頓狂な発言で物議を醸し出す。この4人だからこそ、『水曜どうでしょう』は面白いのだ!
 1996年の放送開始後、ジワジワと視聴率を上げていった『水曜どうでしょう』は、3年後の1999年に18.6%というローカル局制作の番組としては異例の高視聴率を叩き出す。その後は北海道のみならず、全国へと人気が飛び火するが、その成り行きも異例中の異例だった。
 1つ目は、北海道以外のローカル局で『水曜どうでしょう』が放送され始めたこと。ローカル局においてはテレビ欄の8割が東京のキー局が作る全国ネット番組が占めているといっても過言ではない。限られた残りの2割の中で、自主制作番組を放送しているローカル局にとって、他のローカル局の番組を放送するのは珍しいこと。1999年に放送を開始した秋田朝日放送、とちぎテレビ、東日本放送を皮切りに、『水曜どうでしょう』を放送したいと申し出るローカル局が後を絶たなくなる。
 もう一つは、DVDの大ヒットだ。「番組に一度ピリオドを打ち、今後は一生続けられるようなペースで番組を作っていく」と視聴者に宣言して始まったレギュラー放送の最後の企画『原付ベトナム縦断1800キロ』。「番組終了後は、これまでに放送したものをDVD全集としてまとめていく」と語った藤村ディレクターは、番組終了半年後に、この『原付ベトナム縦断1800キロ』をDVD第1弾として発売した。すると、コンビニのローソン等での完全予約販売にもかかわらずいきなり5万枚弱の売上げを記録したのだ。2012年7月末現在、『水曜どうでしょう』のDVDは第17弾まで発売され、それぞれの販売数は10万枚を超えている。
 誰かがその存在を教えてくれない限り、“永遠なる知る人ぞ、知る番組”。それが『水曜どうでしょう』なのだ。

続きを読む

配信作品紹介

待ち望んでいたスペシャルプログラムがスタート!

 待ちに待った『水曜どうでしょう』が配信されることになった。『原付ベトナム縦断1800キロ』『ジャングルリベンジ』『激闘!西表島』『ヨーロッパ20ヶ国完全制覇完結編』『水曜どうでしょう 原付日本列島制覇』を順に紹介していこう。

水曜どうでしょうClassic ベトナム縦断1800キロ

 『原付ベトナム縦断1800キロ』は2002年に放送されたレギュラー放送最後の企画だ。ベトナムのハノイからホーチミンまでを、鈴井と大泉がバイクの「カブ」に跨って走るのだが、スタート地点のハノイ市街は交通法規があってないような場所。あまりのカブの多さと平気で反対車線を走ってくる大型トラックに怖じ気づく2人。ヒヤヒヤしながら市街を抜けた後も、灼熱の太陽と大雨の気候に悩まされ、タイヤがパンクしてしまうなど、日本ではありえないトラブルが2人襲いかかり続ける。『水曜どうでしょう』の6年間の集大成的内容だが、この腹を抱えっぱなしの面白さと涙を誘ってしまうクライマックスは、初めての人にこそ見て欲しい最高傑作だ。

水曜どうでしょうClassic ジャングルリベンジ

 番組が終了した2年後の2004年に放送されたのが、『ジャングルリベンジ』。「シンガポールでサッカーの試合を観戦して、その後はアンコールワットに行く」と聞かされていた大泉。ところが、宿泊先のホテルで鈴井とディレクターが、1998年放送の企画「マレーシア・ジャングル体験」の思い出を語り始める。4人以外には誰もいないジャングルの動物観察小屋で、夜を明かさなければならなかった、過酷で忌まわしきロケの思い出…。「もう、二度と行きたくないねぇ?」と語る大泉だったが、鈴井とディレクターは無情なる企画を告げるのだった。

水曜どうでしょうClassic 激闘!西表島

 『激闘!西表島』は『ジャングルリベンジ』の翌2005年に放送された企画。前回の『ジャングルリベンジ』のロケ中、「次は闘牛をやってみたいね。かっこいいじゃない。スペインの“牛追い祭り”とかさ?」と冗談半分に発言した大泉に対して、ディレクターは後日、実際にスペインの“牛追い祭り”を偵察に行くなどして、大泉に対し、「次の企画はスペインで“牛追い祭り”」と思いこませる。そして迎えたロケの初日。スペインに行く気マンマンの大泉に発表された企画内容は、「西表島で虫取り」というなんとも気の抜けたもの。「牛追いじゃないのか」と詰め寄る大泉に、ディレクターは、「虫追いです」とダジャレを言うのだった…。

水曜どうでしょうClassic ヨーロッパ20ヵ国完全制覇完結編

 2007年放送の『ヨーロッパ20ヶ国完全制覇完結編』は、1997年『ヨーロッパ21カ国制覇』、1999年『ヨーロッパ・リベンジ』で行ききれなかったバチカン市国、サン・マリノ、ポルトガルを廻り、ゴール地点をユーラシア大陸最西端のロカ岬に設定。バチカンにやってきた4人は美術館や大聖堂などを見学した後、ローマでレンタカーに乗り込むが、スタート地点から地図を見るのもままらならず…。

水曜どうでしょう 原付日本列島制覇

 『水曜どうでしょう 原付日本列島制覇』は、『ヨーロッパ20ヶ国完全制覇完結編』から4年ぶりとなる最新作。2010年に撮影され、2011年に全12話で放送された。全12話の長さは、「どうでしょう」の歴史の中においても大作の部類。俳優として、タレントとして、すっかり今では全国的な知名度を獲得している大泉。ところが今回もまた、どこへ行かされ、何をするのかを一切聞かされないまま、東京某所へ降り立った。そこでディレクターから見せられたものは、おなじみの「カブ」。再び集結した「どうでしょうの4人」が目指したある場所とは!?

今後の展開

『水曜どうでしょう』のこれから

 1996年の放送開始から16年。大泉洋が所属する「オフィスCUE」の社長でもある鈴井貴之は映画監督、小説家としても活躍の幅を広げ、最近では再び舞台役者としてステージへ。“北海道のスター”大泉洋は今では全国で知られる俳優・タレントとして大活躍だ。ディレクターの2人は『水曜どうでしょう』の新作、DVD、ドラマの制作、雑誌連載、ホームページの更新と多忙な日々を送っている。
 4人がそれぞれの場で活躍し、得たものを『水曜どうでしょう』という家に持ち帰る。そして、旅に出る時が来たら、また、旅に出る。今後も長きに渡って続く『水曜どうでしょう』は、いつだって大河ドラマの途中のようなものだ。公式ホームページの「一生どうでしょうします」という表看板は、4人にとっても、ファンにとっても、ハズされることはないのだから。

イントロダクション

なかなか見ることのできないこの機会をお見逃しなく!

 普段なかなかこの番組を見ることのできない道外の人にとって、今回の配信は絶好のチャンス。大学の演劇サークルで出会ってから今日まで、同じ時を過ごしてきた大泉洋と戸次重幸の絶妙で飾らないトーク、次々と登場する日本各地の名物や珍味、そして“豚一家”の食べっぷりと、オイシイ魅力が盛りだくさん! さあ、あなたも一緒に「おにぎり号」に乗って、楽しい旅に出かけよう!

番組紹介

大泉洋&戸次重幸が食べて食べて食べまくる!

 『おにぎりあたためますか』は今年で10年目を迎えた長寿人気番組。当初は北海道でだけ放送されていたが、現在は全国的にも知られる番組に成長。演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、それぞれ俳優としての活躍も目覚ましい大泉洋と戸次重幸が、同局の佐藤麻美アナウンサーとウマイものを食べまくるのを目的に、日本全国に足を運ぶ新感覚の「フード・エンターテイメント」なのだ!

人気の秘密

移動中の車内トークやハプニングも見どころ!

 番組の見どころはなんといっても“豚一家”と呼ばれる3人の食べっぷり! 「おにぎり号」と名づけられたワンボックスカーで街から街へと移動するのだが、各店の料理を"完食する"のが条件なのだ。“鉄の胃袋”を持つ佐藤アナウンサーが、タレントが気後れするほどの量を食べることもあり、3人のチームワークが見ていてとても微笑ましい。

 また、腹を空かせるために行う様々なレクリエーション、満腹とストレスで時には険悪なムードになる移動中の車内トークも番組の見どころ! 過去には、大泉の要望で向かった店が決まって定休日だったり、寝坊などでロケに参加できないことも数々あった戸次など、2人の“お約束的エピソード”は他にも数知れず。
 何が飛びだすか分からない、こうしたハプニングからも目が離せない!

続きを読む

配信作品紹介

『おにぎりあたためますか』の今が楽しめる!

 2009年から全国制覇の旅も2周目に突入! 今回の配信は2011年7月放送開始の『鳥取編』から2012年6月放送の『奈良編』までの全8番組で、『おにぎりあたためますか』の今が楽しめるラインナップになっている。

おにぎりあたためますか 全国2周目・鳥取編

 『鳥取編』は5年ぶりに訪れた3人が、鳥取のブランド鶏や幻のエビを使った丼モノ、人気投票第1位のハンバーガー、ご当地ラーメンなどを食べまくり! 遅刻してしまった佐藤アナウンサーはペナルティーで、昔のニュース番組映像を流されて…!?

おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅・熊本編

 続くは火の国『熊本編』。新任のディレクターが初回からミスを連発するも、佐藤アナウンサーの結婚話などトークは絶好調! 阿蘇の雄大な景色の中でバーベキューを楽しみ、ハモ料理のお店では女将から思わぬ提案が!? 帰りの飛行機に間に合うかどうか番組は最後までハラハラ!

おにぎりあたためますか 全国2周目・石川編

 『石川編』は冒頭からロケのスケジュールについて喧嘩が勃発!? 超人気のお寿司屋さんの能登丼から、B級グルメとして有名な金沢カレー、さらには謎の“TKYG”なる新料理までいろんな味を堪能する!

おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅・香川編

 3年半ぶりの訪問となる『香川編』は、牧場でのチーズ作り体験からスタート。その出来映えはいかに!? 香川といえば讃岐うどんだが、他にも一風変わったお雑煮、鳥めし、イノシシ鍋などを次々と平らげる!

おにぎりあたためますか 映画『しあわせのパン』公開記念の旅

 『映画「しあわせのパン」公開記念の旅』は、大泉主演映画の公開にちなんでロケの中心となった洞爺湖周辺のグルメスポットを紹介! 撮影の合間に大泉が通った極上イタリアン、食材にこだわったナチュラルカレーなどに大満足。移動の車内では大泉が唐突に新コーナーを提案する!?

おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅・群馬編

 続いては上州『群馬編』。車中で若き日の話で盛り上がる大泉と戸次を待っていたのは小麦王国ならではの絶品パスタ。あまりの美味しさに感動する3人は、その後も水沢うどんやだんご汁のご当地メニュー、伝統料理、B級グルメを食べ尽くす!

おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅・神奈川編

 『神奈川編』は大泉が風邪を引いてしまったため、初のロケ欠席に。そこでタブレット端末を使って、自宅からの中継が始まった! 横浜で本家お墨付きの家系ラーメン、三浦半島で豪快で超美味のマグロ料理、鎌倉でサザエとシラスの丼などを食べまくり! 大泉の欠席で緊急参戦したオクラホマの河野の一言で、戸次の不満が大爆発!?

おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅・奈良編

 『奈良編』はよだれが垂れてしまいそうな料理のオンパレード! 元フレンチのシェフが作るコロッケ、奈良県が誇るブランド豚のヤマトポーク、鶏1羽分のチキンが積み上げられたカツ定食、一日一食限定のコース料理…。最後は様々な食べ方で奈良の大和肉鶏を堪能し、衝撃を覚える3人が!!

見逃し配信

『おにぎりあたためますか』最新シリーズを見逃し配信!

 「おにぎりあたためますか」の最新シリーズを、オンエアの約1週間後に見逃し配信! オンエアを見逃した方は道内の方はもちろんのこと、普段なかなかこの番組を見ることのできない道外の人にとっても、最新シリーズを見られるのは最高に嬉しい。ぜひお楽しみあれ!


©HTB