今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

火宅の人

火宅の人

あらすじ

最初の妻リツ子に死なれ、窮乏のドン底であった一雄に後妻としてヨリ子がやって来た。腹違いの一郎をはじめ、次郎、弥太、フミ子、サト子の5人の子供を育て、その掛け替えのなさを知った一雄は、家庭を破壊しないことが結婚以来の信条でもあった。だが、一方で、若々しい新劇女優の恵子との情事におぼれていく…。

ストーリー

旅を愛し、酒を愛し、女を愛して、無頼奔放に転々流浪しながら戦後を生きた作家・檀一雄が、昭和30年から20年にわたって自らの豪放な浪漫的生涯を書き上げた『火宅の人』。昭和50年10月、病の床で仕上げられ、たちまちベストセラーとなったその遺作を、10年来の念願であったという深作欣二監督が映画化した意欲作。

1986年/日本/123分
監督:深作欣二 脚本:神波史男、深作欣二 原作:檀一雄
キャスト:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子、檀ふみ

» ご希望の作品が見つからない場合