無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

家政婦のミタ #8

家政婦のミタ #8

【#8】
 三田(松嶋菜々子)のことを知りたい恵一(長谷川博己)と子供たちは、三田に声をかけてコミュニケーションをとろうとする。しかし三田は、ことごとく拒絶し「これからは業務命令以外で話しかけないでほしい」と冷たく言い放つ。
 そんな中、義之(平泉成)がケガをして病院に運ばれた。うらら(相武紗季)から連絡を受けた恵一と子供たちは見舞いに行くが、義之は養子の話を断った恵一や子供たちを受け入れない。結(忽那汐里)は義之と阿須田家が仲直りできるよう、三田にとんでもない依頼をする。
 義之が退院し、家族でお祝いの食事会を開くことになった。しかし、うららのミスでレストランが予約できず、家で出前を取ることに。子供たちは、三田の心を開こうと必死に訴えかける。希衣は三田にモナカを差し出す。それを三田は、噛みしめるように食べた。そして、ついに自分の過去を語り始めるのだった。まるで、ダムが決壊したようにあふれる想いを吐露する三田。家族はなぜ死んだのか? 三田が感情を失い、笑わなくなった背景には、壮絶な過去があった…。

“笑わない”“こびない”ロボットのようなミステリアスな家政婦を松嶋菜々子が演じる異色のホームドラマ。母親を突然亡くして、崩壊寸前のある家族を完璧な家事と無感情な荒療治で救っていいく。そして、家政婦・三田自身にも失われた感情が戻ってくる…?

【キャスト】
松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、忽那汐里、中川大志、綾部守人、本田望結、野波麻帆、佐藤仁美、平泉 成、白川由美

【スタッフ】
脚本:遊川和彦
音楽:池 頼広
チーフプロデューサー:田中芳樹
プロデューサー:大平 太、太田雅晴(5年D組)
演出:猪股隆一、佐藤東弥、石尾 純、日暮 謙
制作協力:5年D組
製作著作:日本テレビ

» ご希望の作品が見つからない場合