今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

炎にくちづけを −「イル・トロヴァトーレ」より−(’05年宙組・宝塚)

【あらすじ】
舞台は15世紀のスペイン。宮殿では不吉な噂が語られていた。今から20年前、先代の伯爵はあるジプシー女を火あぶりにした。その復讐のため、ジプシー女の娘アズチューナは伯爵の息子兄弟のうち弟を焼き殺した。アズチューナは捕まらなかった。また火あぶりにされたジプシー女の魂は、息子兄弟の兄ルーナ伯爵の治めるこの宮殿を今でも呪っていると…。そんな折、女官のレオノーラを愛する吟遊詩人マンリーコは、ルーナ伯爵とレオノーラをめぐって対立する。ルーナ伯爵はマンリーコを卑しいジプシーの生まれと断じ、兵士たちを集めてマンリーコを殺そうとする。瀕死のマンリーコはビスカリア山中に逃げ込む。そこにはあのジプシー女のアズチューナがいたのだが…。

ヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」を原作にした宝塚歌劇オリジナルミュージカル。数奇な生まれの吟遊詩人が愛と復讐の渦の中、悲劇的な結末へと突き進んでゆく。

05年/宙組/宝塚大劇場/出演:和央ようか、花總まり、大和悠河、初風緑 ほか

» ご希望の作品が見つからない場合