今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

バラの国の王子〜ボーモン夫人作「美女と野獣」より〜(’11年月組・宝塚)

【あらすじ】
王子はバラの花咲く王国で父王(龍真咲)、清き仙女である母(花瀬みずか)と穏やかに暮らしていた。ところが、母の妹君(彩星りおん)の魔力によって王は暴君となり母を追い出し、その座に妹君を迎える。ほどなく王がこの世を去ると、妹君は自分の息子(二役:龍真咲)を王にするため、王子を魔法の力で野獣に変えてしまう。清き仙女である母は、王子が外見に惑わされることなく真実を見抜くことのできる女性と出会った時、魔法が解けると告げる。月日は流れ、野獣となった王子は、同じく魔法で虎(明日海りお)や猿(桐生園加)に変えられた家臣たちと失意の日々を送っていた。ある夜、森で迷った商人が邸に入り込む。翌朝、目覚めた商人が庭に咲く見事なバラを一本手折ると、その途端、雷鳴が轟き、邸の主人である野獣(霧矢大夢)が姿を現す。野獣は商人にバラを折った罪を償うため、娘の一人を邸へ寄越すように言う。商人の三人の娘のうち、三女のベル(蒼乃夕妃)は美人で気立てもよく聡明な娘であった。事情を聞いたベルは父親の身代わりに野獣の邸に向かうことを心に決める…。

18世紀半ば、フランスの作家ボーモン夫人によって書かれた寓話「美女と野獣」は、ディズニーのアニメーション映画などで知られているが、宝塚歌劇では1955年に上演。今回の舞台化では、原作の古典精神に立ち返り、単なるお伽噺ではなく人間味あふれる物語として描くミュージカル作品。

’11年/月組/宝塚大劇場/キャスト:霧矢大夢、蒼乃夕妃、龍真咲、明日海りお ほか

» ご希望の作品が見つからない場合