今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

哭きの竜 麻雀飛翔伝 第4巻

哭きの竜 麻雀飛翔伝 第4巻

著者:能條純一

哭けば必ず和了る――。神憑り的な鳴き麻雀で雀荘を渡り歩く一匹狼の寡黙な雀ゴロ、「哭きの竜」。彼を巡って巻き起こる色濃い人間模様……。麻雀漫画であると同時に極道漫画でもあり、血で血を洗う抗争も描かれる。これぞ男の世界、男による男のための男漫画。場に漂う「空気」がヤバイ。理屈抜きにカッコイイ。そして、とにかく渋い。まさに麻雀「ロマン」劇画の最高傑作!「あンた、背中が煤けてるぜ…」「竜〜っ! おめえの“運”をわしにくれや〜っ!」ほか、名台詞の数々も見どころ!

本宮春樹…極道になるがために生まれてきたような男。二代目甲斐組の中堅組織・外田組を狙った事件で、石川の脳裏に本宮が浮かぶ。石川は、本宮とかつて同じ釜の飯を食った仲である。本宮は自ら鉄砲玉となり、西の首領・海東を狙う。海東と竜の勝負の最中であった。竜は言う。「あンた…背中が煤けてるぜ」。

» ご希望の作品が見つからない場合