今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

根こそぎフランケン 第6巻

根こそぎフランケン 第6巻

著者:押川雲太朗

気は優しくて怪力麻雀(ちからもち)。カモを生かさず殺さずの小博打で糊口を凌ぐ雀ゴロ・竹井の前にあらわれたのは、天真爛漫なバカヅキ麻雀の大男・フランケン。どこまでも純粋な麻雀バカで、世の理から外れた聖者の豪運を持つフランケンは、後先考えずに行く先々で惜しげもなく持ち前の豪運をブン回し、後にはペンペン草一本生えない。次なる勝負の場を求めて、雀ゴロ竹井と、竹井を勝手に師とあおぐフランケンの珍道中が始まった!

江藤が企てる史上最高額の麻雀ルーム。集まってきたメンツはみな自分本位で、わがまま。自分が日本一強い打ち手だと信じているどうしようもなく鼻持ちならない連中。権謀術渦巻く中、フランケンただひとり「またまた一発ツモですワー」と天衣無縫の麻雀。…江藤の描く絵図どおりになるか?

» ご希望の作品が見つからない場合