今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

アカギ 第12巻

アカギ 第12巻

著者:福本伸行

昭和33年、高度成長期まっただ中の時代。雨降りしきるある夜、とある雀荘でヤクザ相手に命がけの勝負を挑んでいた南郷は徐々に窮地に追い込まれていた。その時突然、ずぶぬれになった一人の少年が雀荘に入ってきた。少年にただならぬ気配を感じた南郷は、麻雀牌すら握ったことのない彼に代打ちをさせる。この時から伝説がはじまった。少年の名は赤木しげる……。のちに“神域の男”と呼ばれる男である。

漆黒の闇の闘いを切り裂いてまばゆい稲妻が炸裂する。その光は、見たくもない邪悪な表情を浮かび上がらせる。邪気の眼窩は黒々とした底なしの恐怖と絶望だ。外の風雨は狂気をはらみ、地獄の底のドラムのように壁を叩き付ける。が、獲物の絶叫の金切り声はそれをも上回る。…はずだった。なぜだ。なぜお前はそうも落ち着いていられる。死の深淵に立ち、なぜ怯えぬ。何者だ!?…… その男は、後に裏社会で“神域の男”と呼ばれる赤木しげるだった。

  • 出版社名:フクモトプロダクション
  • 総ページ数: 216ページ
  • 立ち読みページ数: 20ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合