今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

アカギ 第22巻

アカギ 第22巻

著者:福本伸行

昭和33年、高度成長期まっただ中の時代。雨降りしきるある夜、とある雀荘でヤクザ相手に命がけの勝負を挑んでいた南郷は徐々に窮地に追い込まれていた。その時突然、ずぶぬれになった一人の少年が雀荘に入ってきた。少年にただならぬ気配を感じた南郷は、麻雀牌すら握ったことのない彼に代打ちをさせる。この時から伝説がはじまった。少年の名は赤木しげる……。のちに“神域の男”と呼ばれる男である。

かつて夜の冥府に燦然と輝く宮殿がそびえていた。そこへ招かれた客たちは皆一様に、呻吟の果てに悶え死んだ。しかたのないことだ。王のためなのだ。しかし、凶事は知らぬ間に忍び寄っていた。その晩の客は少し妙だった。髪は老人のようにさらに白く、眼だけが底なしの暗闇。おまえは悪魔と番い、何を得たのだ。…捕らえた!! ついに鷲巣を!! 最後の審判、いかに!?

  • 出版社名:フクモトプロダクション
  • 総ページ数: 216ページ
  • 立ち読みページ数: 20ページ
  • ビューワー:» 使い方ガイドページ

» ご希望の作品が見つからない場合