今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ベルサイユのばら−オスカル編−<アンドレ役替わり:水夏希>(’06年雪組・宝塚)

【あらすじ】
18世紀フランス。王家を守る軍人の家系、ジャルジェ家に生まれたオスカル(朝海ひかる)は幼い頃から男子として育てられ、王宮を警護する近衛士官となっていた。オスカルの乳母の孫アンドレ(水夏希)は、オスカルと兄弟のように育ち、彼女を密かに慕っていた。フランスの状況は不安定を極め、人民の間には不満が渦巻く。それを知ったオスカルは人民を守る衛兵隊に転属を願い出る。そんなオスカルを見守るアンドレとオスカルを慕う小間使いのロザリー(舞風りら)、さらに求婚者のジェローデル(貴城けい)。そして運命を共にするアラン(音月桂)ら衛兵隊員たち。フランスは革命に向かい、彼らはその渦に巻き込まれていく…。

1974年の初演以来、再演を重ね、様々なバージョンの舞台が創り出された『ベルサイユのばら』。今作品は、マリー・アントワネット生誕250周年を記念して、オスカルの運命を中心に新たな試みや演出を加え再構築された。また、役替わりでの上演となったアンドレ役を水夏希、アラン役を音月桂のバージョンでお届けします。

’06年/雪組/宝塚大劇場/出演:朝海ひかる、舞風りら、貴城けい、水夏希、壮一帆、音月桂 ほか

» ご希望の作品が見つからない場合