今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

外伝 ベルサイユのばら−アラン編−(08年花組・全国)

【あらすじ】
衛兵隊士アランと、命を絶った後も兄アランの心を理解し優しく包み込むディアンヌの魂の会話を中心に、様々な愛の形を描く。アラン:真飛聖、ディアンヌ:桜乃彩音、アンドレ:壮一帆が演じる。バスティーユの戦闘からおよそ10年の歳月が経ち、昔の面影を失ってしまったベルサイユ宮殿練兵場の広場。「片腕の将軍」と畏れられているアランは自らの最期を悟り、懐古の念に駆られるようにこの地を訪れた。そんな彼に亡くなった妹ディアンヌが語りかける。命が尽きた後も、ディアンヌの魂は常に愛する兄の傍らにあった。二人は、かつてベルサイユ宮殿で衛兵隊士として過ごした青春の日々、女性でありながら近衛隊から衛兵隊へと転属してきた新任の上官オスカル(愛音羽麗)やオスカルの従卒アンドレ達とのことを振り返る…。

「ベルサイユのばら」の原作者・池田理代子が宝塚歌劇の為に特別に書き下ろしたストーリーをもとに、従来とは視点を変えた『ベルサイユのばら』の世界。

’08年/花組/全国ツアー/キャスト:真飛聖、桜乃彩音、壮一帆 ほか

» ご希望の作品が見つからない場合