今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ドン・カルロス〜シラー作「スペインの太子 ドン・カルロス」より〜(12年雪組・東京・千秋楽)

【あらすじ】
スペイン国王フェリペ二世(未涼亜希)の現王妃イサベル(沙月愛奈)は、かつて王子・カルロス(音月桂)の婚約者であったが、国同士の取り決めが変わり、カルロスの父である国王に嫁いだのだった。狩りの最中に王妃と二人でいたことを国王に問い質されたカルロスは答えをはぐらかそうとする。二人の関係に疑念を抱いた国王は、カルロスの親友で、優秀な臣下であるポーザ侯爵(早霧せいな)に二人の動向を窺うよう命じる。再びカルロスの下に王妃の女官のレオノール(舞羽美海)が密書を携えてやって来る。かつて叔母ファナ(涼花リサ)の許で共に育った幼馴染であり、密かに想いを寄せるレオノールの来訪にカルロスは心を躍らせる。

シラー作「スペインの太子 ドン・カルロス」を元に、16世紀のスペインを舞台に、恋や友人との駆け引き、父との確執などを通して成長する王子ドン・カルロスの姿を描くミュージカル作品。

’12年/雪組/東京宝塚劇場/キャスト:音月桂、舞羽美海、早霧せいな ほか

» ご希望の作品が見つからない場合