今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ゼブラーマン

ゼブラーマン

あらすじ

昭和53年、低視聴率のため7話で打ち切られたヒーロー番組「ゼブラーマン」…。時は流れ2010年、横浜市八千代区。50センチの巨大ザリガニが大発生し野鳥が変死を遂げアゴヒゲアザラシ1万匹が川を登り、その昔UFOが墜落したらしい街。それでも一見平凡な八千代区住む、ダメ小学校教師・市川新市。「ゼブラーマン」に憧れつづけ、唯一の趣味のコスチューム作りが昂じて、遂にはそれを着て夜中コッソリ街に出てはみたが、何故か怪しいヤツらと出くわし、何故か必ず乱闘に…新市は気付いていないが、怪しいヤツらの正体は地球侵略を目論む宇宙人が人間に寄生していたのだ!!

ストーリー

哀川翔の主演100本目となる本作、「オーディション」「D.O.A.」「牛頭」の三池崇史を監督に、「木更津キャッツアイ」で哀川を出演させた宮藤官九郎が、「哀川さんの100本目は変身モノだね」の監督の一言に「面白そうですね」とほくそ笑み、脚本を書き上げた。最初のプロットを読んだ哀川は「ぶったまげた」という。そこにいたのはなんと、史上初!前代未聞!シマウマヒーロー!「ゼブラーマン」!鈴木京香・渡部篤郎に加え、内村光良・市川由衣・大杉漣らが「面白い」という理由だけで参加。

2004年/日本/114分
監督:三池崇史 脚本:宮藤官九郎
キャスト:哀川翔、渡部篤郎、鈴木京香、内村光良、市川由衣、大杉漣、柄本明、岩松了

» ご希望の作品が見つからない場合