今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

マリー・アントワネットに別れをつげて

マリー・アントワネットに別れをつげて

ストーリー

1789年7月14日、いつもと変わらぬ優雅な朝を迎えたはずのヴェルサイユが、一枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名が記された286名のギロチン・リストが発表されたのだ。王妃の朗読係だった少女シドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃から「ポリニャック夫人の身代わりに」という非情な命令を受ける。

解説

フランスで最も権威のある文学賞“フェミナ賞”に輝き、ベストセラーとなったシャンタル・トマの『王妃に別れを告げて』を映画化した文芸ドラマ。フランス王妃マリー・アントワネットに忠誠を誓った朗読係の少女を主人公に、王妃から残酷な命令をされた少女の心の葛藤を描きながら、ヴェルサイユの裏側に肉薄する。監督は、フランス映画の重鎮ブノワ・ジャコー。

2012年/フランス、スペイン/100分/日本語字幕版
監督・脚本:ブノワ・ジャコー 原作:シャンタル・トマ
出演:レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ボーヴォワ

» ご希望の作品が見つからない場合