今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

利休にたずねよ

利休にたずねよ

ストーリー/あらすじ

雷鳴が轟く雨嵐の早朝、3千もの兵に取り囲まれた利休邸。太閤・豊臣秀吉の命により今まさに稀代の茶人・千利休は自らの腹に刃を立てようとしていた。死に向かう夫に対して、妻・宗恩が尋ねる。あなた様には、ずっと想い人がいらっしゃったのでは…と。その言葉が、利休の胸中に秘められた遠い記憶を蘇らせていく。かつて、利休は織田信長の茶頭として仕えていた。信長にまで、美は私が決めることと豪語する彼の絶対的な美意識は、やがて信長家臣の秀吉をも虜にする。信長の死後、天下統一を果たした秀吉の庇護の下、天下一の宗匠として名を馳せる利休。しかし、その名声は次第に秀吉の心に渦巻くむさぼりに火をつける。愛する者を奪われ、立場が危ぶまれていく利休。残る彼奴の大切なものは…利休がひた隠しにする、彼に美を教えた何か。秀吉が執拗に追い求めるその秘密は、青年時代の利休に隠されていた。若かりし頃、利休は色街に入り浸り、放蕩の限りを尽くしていた。そんなある日、高麗から攫われてきた女と出逢う。その気高き佇まいと美しさに一目で心を奪われた彼は、後に彼の師匠となる茶人・武野紹興の手引きの下、甲斐甲斐しく女の世話を焼くことになり、次第に二人は心を通わせていく。しかし女は一国の王への貢ぎ物であり、それは叶うはずのない恋。やがて、別れの時を目前に迎えた夜、利休の情熱がある事件を引き起こす。果たして、その先に利休が見たものとは…。

2013年/日本/120分
監督:田中光敏 原作:山本兼一
キャスト:市川海老蔵、中谷美紀、伊勢谷友介、大森南朋、市川團十郎、成海璃子、福士誠治、クララ、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香

» ご希望の作品が見つからない場合