今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

宝塚花の踊り絵巻−秋の踊り−(10年星組・東京・千秋楽)

【あらすじ】
 舞台に一気に明かりが入ると、一面の紅葉に赤い提灯。歌舞伎男S(柚希礼音)を中心とした華やかなプロローグとなる。中国―、王の寵童が山に追放されるが、法華経を菊の葉に書き写すと、滴り落ちる露が不老不死の薬水となり、少年の姿のまま仙人になったいう菊慈童(松本悠里)。慈童は帝の長寿を寿ぎ、舞い踊る…。とある宿場の遊郭では、武士(紅ゆずる)の指図で捕手たちが一人の若者(柚希礼音)を捜している。御家騒動に巻き込まれた若者は、御家の宝刀を持って逃げていたが、いつしか遊女(夢咲ねね)と深い仲になり匿われていた…。歌手(凰稀かなめ)を中心とした男達が、平家の落人が在りし日の歓楽を回顧して唄い出されたという“麦や節”に合わせて勇壮に舞う。また、天の川と荒波をモチーフにした舞台では、“佐渡おけさ”の調べに乗せて、波と風と大空をイメージした男女が踊り、月と秋草が描かれた舞台での芸者(松本悠里)と若衆(涼紫央)の逢いびき…。そして雪の季節から春へと移る。人々は、京の都の春の喜びを踊り、洛陽の春の讃歌を歌う…。

歌舞伎のエッセンスを盛り込み格調高く華やかに繰り広げられる、宝塚歌劇ならではの日本物レビュー作品。

’10年/星組/東京宝塚劇場/キャスト:松本悠里、柚希礼音、夢咲ねね、凰稀かなめ ほか

» ご希望の作品が見つからない場合