今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第16話 「馬を指して鹿と為(な)す」 (日本語吹替版)

項羽と劉邦 第16話 「馬を指して鹿と為(な)す」 (日本語吹替版)

  • 168時間
  • 0:45:00
  • 200円+税

見る あとで見る!お気に入りに追加!

■ 対応デバイス

  • PC(Windows)
  • PC(Mac)
  • Android
  • iOS

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

ストーリー

趙高(ちょうこう)は胡亥(こがい)の前に臣下を呼び集め、鹿を指して馬だと言う。そして臣下たちに「この動物は鹿か馬か」と聞く。趙高の力を恐れる多くの臣下たちは、鹿だと思いながらも「馬だ」と答える。わずか2名が「鹿だ」と答えるが、牢に入れられてしまう。それ以来、趙高に逆らう者はいなくなり、胡亥に真実を言う者もいなくなり、趙高が朝廷の実権を握ることになる。

2012/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン,ドアン・イーホン,ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合