今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

項羽と劉邦 第21話 「沛県を守れ」 (吹替版)

項羽と劉邦 第21話 「沛県を守れ」 (吹替版)

ストーリー

沛県は秦軍を迎え撃つ準備に追われていた。蕭何(しょうか)は劉邦に、沛県の少ない兵力では長くは持つまいと言うが、劉邦は自分たちの力で守り抜こうと考えていた。 いよいよ戦いが始まった。次々と犠牲者が出る中、蕭何は兵士たちを鼓舞し、樊?は先頭を切って秦兵の中へ突っ込んでいく。蕭何と劉邦が魏王に援軍を頼むべきかと相談していた時、雍歯(ようし)が城門を出たとの知らせが入る。雍歯は劉邦の許可を得ずに秦軍に切り込んで、敵を撤退させたのだった。勝手な行動をとった雍歯は、本来なら軍令違反で斬首であったが、秦軍を撤退させた功により許され、祝勝会でも一番手柄として称えられる。 一方、呉中の項梁(こうりょう)のもとに、?山(とざん)の山賊、桓楚(かんそ)と余英(よえい)の情報がもたらされる。2人を項軍に迎えたいと考えた項梁は、代理として項羽を説得に向かわせる。龍且(りゅうしょ)と共に?山に向かった項羽は、桓楚と余英に、1人で万人と戦うほどの勇ましい武将がいなければ秦を滅ぼすのは難しいと言われ、自分こそがその「万人の敵」であると豪語する。すると桓楚は、禹(う)王を祭った祠(ほこら)の前にある大きな鼎(かなえ)を動かせたら項軍に加わると約束、一行は祠へと向かった。

解説

紀元前210年、秦の始皇帝が巡幸中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。

2012/中国/45分/日本語吹替版
監督:ガオ・シーシー
出演:チェン・ダオミン、ドアン・イーホン、ヤン・リーシン

» ご希望の作品が見つからない場合