今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

わたしの犬になりなさい-双子姉弟の歪んだ遊戯に巻き込まれた私たち-

わたしの犬になりなさい-双子姉弟の歪んだ遊戯に巻き込まれた私たち-

著者:まひるの影郎

田舎暮らしは刺激が少なく退屈だ。それはそれで性に合っていたのだけれど、ある日を境に私たちの生活は一変した――。緑が萌える夏のある日、優月たちのクラスにやってきた都会からの転校生。双子の姉・久美子と双子の弟・晴彦。それまでとは違う学校生活に、優月と親友の彩も嬉しくなり、四人はすぐに仲良くなり、共に過ごすことが多くなった。ある日、久美子は優月と彩に、「仲良くなってくれたお礼にいいものを見せてあげる」と、雑木林に晴彦を連れて二人を誘う。そこで久美子は晴彦の衣服を突然剥がしてしまう。露わになった男根は、ハチきれそうに天を仰いでいて…「なあに? 晴彦、もうこんなにして。ホラ、ふたりとも見て?」久美子は晴彦のモノを初めてではないように弄りはじめる。突然のことに驚愕し、狼狽するしかない優月と彩。「ちょっと久美子、なにしてるのよ!」、「弟は無口だから…もっと彼のことを知っておいてほしいと思って…」、「晴彦はね、人前でこうされると悦ぶのよ」――。後日、あまりの衝撃にぎこちなく一日を過ごした優月を久美子が呼びとめる。連れて来られた体育館倉庫で見たものは、興奮し、晴彦に夢中になる彩の姿だった―――。

» ご希望の作品が見つからない場合