今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

TAXI ブルックリン 第12話

TAXI ブルックリン 第12話

あらすじ

息子のニコと元妻のエイミーがNYに来るので、レオはとても喜んでいる。レオに対して復讐心を抱くマルセイユのマフィアのリーダー、アンリはエイミーとニコのNY旅行を知り、彼らを利用してレオを殺すことにする。NY到着時に2人を誘拐させるのだ。同じ頃キャットは、グレッグを助けねばならなくなる。彼は元恋人のジャーダ・ジャンニーニに薬物を投与された揚げ句、そのジャーダが翌朝にはベッドで遺体と化していたのだ。キャットの父親を殺したマフィアのリーダー、ルーク・カペラも遺体で見つかる。アナベラ・カペラがキャットをワナにはめるために、伯父であるルークの殺人を手配したものだ。キャットの幼なじみであるアナベラは、自分の祖父を射殺したキャットの父親への復讐を誓っていた。レオは過去のトラブルから家族を救うため、キャットに手助けを求める。しかしルーク・カペラ殺害の第一容疑者であるキャットは、自分は無実だとベイカーを納得させねばならない。キャットはアナベラを何とか見つけるが、自分の無実を証明する前に、キャットの母親が乗ったと思われるフェリーで爆発が起きる…。

ストーリー

ブルックリンの狭い通りでカーチェイスを繰り広げた末、ケイトリン・サリヴァン刑事はレオ・ロンバを逮捕するが、レオのタクシーに乗っていた銀行強盗犯には逃げられてしまう。レオはマルセイユ出身のアフリカ系で、フランスにいる頃に逃走車の運転役として培った運転技術を生かし、ニューヨークのタクシードライバーとして生計を立てている。収監されそうになったレオは、キャットと組んで一連の強盗事件の捜査に協力すると申し出る。2人は互いの人となりを知るようになり、キャットが個人的に捜査を進めていた父親の殺害事件に関して、ついにカギとなる人物を見つけるのだった。

1993-1994年/アメリカ/45分/日本語字幕版
監督:オリヴィエ・メガトン
キャスト:カイラー・リー、ジェームズ・コルビー、ジェニファー・エスポジート、ビル・ヘック

» ご希望の作品が見つからない場合