今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン1(日本語吹替版) 第3話 274

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン1(日本語吹替版) 第3話 274

あらすじ

ジュリアはシャワー室で失神し、アランに発見される。彼女は疲れを理由にするが、実際の原因は分かっていた。 アランに発見される直前、彼女はピーターに襲撃され、黒い粘液に暴露していた。感染に怯える彼女は、アランに真実を告げることができない。 間もなく予想外の事態が起こる。ピーターが助けを求め、アランの前に現れたのだ。こうして彼は隔離室に搬送され、薬物の投与を受ける。 同じ頃、逃げたスレマニが通路にいるアランたちの前に姿を見せる。だが彼女は、ハタケの安全を優先するとして、ダニエルに撃たれてしまう。女はアランたちの応急処置で一命を取り留めるが、事態は収まる気配がない。 そこでアランたちは感染者を一斉に収容する場所を作ると決める。こうしてレベルRが隔離フロアとして選ばれる。ここは研究所で最も古く、核融合実験など危険な実験にも耐えられる構造をしていた。 間もなくサラが検査薬を開発し、全員が簡易検査を受ける。こうして陽性だった人々は隔離フロアに残り、一同は落ち着きを取り戻したかに思えた。 そんな時、症状の悪化したスレマニが警備に襲いかかる。これを見た人々はパニックに陥り逃げていく。一方ジュリアは恐怖の余り動くことができない。 すると一発の銃声がスレマニを撃ち抜く。撃ったのはアランだった。彼はジュリアを守るため、無我夢中で引き金を引いたのだった。 その直後、ジュリアは手のひらに付いた黒い粘液を見せ、自分が感染したことを告げる。これを知ったアランは断腸の思いでレベルRから引き上げる。一方、ジュリアの感染を知ったハタケは動揺を隠せない。 やがて、人々に追い打ちをかけるような出来事が勃発する。まず唯一の衛星アンテナが爆破され、外界との通信が遮断される。またサラの作った検査薬が失敗だったことが判明する。これはレベルRに健康な者が、地上に感染者が紛れている可能性を示していた。 同じ頃アランは、感染者のブライスが「治療薬のソドラをよこせ」と叫ぶ場面に遭遇する。アランがハタケを問い詰めると、彼は「ウイルスの万能薬だ。ほぼ100パーセントの治癒率を誇るが、致死率は75パーセントに達する。そのため今回の治療には使えない」と答える。 またドリーンはサルから採取したサンプルの培養実験を始める。すると細胞は異常なペースで増殖する。これを見たバリエセロスは、ハタケの邪魔が入る可能性を示唆し「内緒にすべきだ」と告げる。ドリーンは、バリエセロスを完全に信用したわけではない。だが今回は彼の助言に従う。

ストーリー

アラン・ファラガットは疾病対策予防センター(通称CDC)の研究主幹だ。病原体の研究を専門としている。ある日、彼の元に陸軍から調査の要請が入る。 感染症研究所のセルジオ・バリエセロス少佐によると、北極バイオシステムズの研究所でレトロウイルスの集団発生が起きたという。

2014年/アメリカ/45分/日本語字幕版
製作総指揮:ロナルド・D・ムーア、スティーヴン・マエダ、リンダ・オブスト
キャスト:ビリー・キャンベル、真田広之,ニール・ネイピア、キーラ・ザゴースキー、ジョーダン・ヘイズ、マーク・ガニメ、ミーグワン・フェアブラザー

» ご希望の作品が見つからない場合