今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン1(日本語吹替版) 第12話 報復

HELIX ‐黒い遺伝子‐ シーズン1(日本語吹替版) 第12話 報復

あらすじ

殺し屋のザ・サイスが到着する中、生存者はシェルターに隠れる。だが出発の遅れたデュシャンの一行は殺されてしまう。 これを知ったアランたちは、敵をホワイトルームに誘い出す。この頃ザ・サイスは、母親のサットンがハタケに殺害されたことを知り、復讐心に燃えている。 間もなくホワイトルームには、ザ・サイスと部下のテアが現れる。そしてテアがハタケの容器を奪おうとした瞬間、足下が崩れる。こうして彼女は氷の奥底へと消えるが、一番の敵ザ・サイスは逃げてしまう。 この作戦の直後、ジュリアがザ・サイスに連れ去られる。アランたちはダクト内に麻酔ガスを流して敵を眠らせ、ジュリアを救出する作戦に出る。 準備のためアランとピーターはダクトに入る。このときアランは初めて、自分が常にピーターの意見を却下し、頑固な振る舞いをしていたことに気づく。 間もなくダクト内の羽板が再設定され、麻酔ガスを流す準備が整う。だがここで予想外の展開となる。 まずダニエルが独りでジュリアの救出に向かう。彼はハタケが命がけで彼女を助けるのを見越していた。そのためハタケの先回りをし、ザ・サイスとの直談判にやってきたのだ。 それからしばらくして、今度はハタケが交渉にやってくる。するとザ・サイスは、首に爆弾を取り付けたジュリアとダニエルを見せ「どちらか選べ」と迫る。 苦しむハタケを前に、ダニエルは「愛している」と叫び自害する。爆発で肉片となったダニエルを前に、ハタケは無念の涙を流す。 その直後、駆けつけたアランたちは別の場所に、年老いた女性が監禁されていることを知る。女性を見たジュリアは、それが母親ではないかと直感する。 一方、バリエセロスはイヌイットの人々を率いて移動する。だがトゥルークに「アナナに近づくな」と言われて姿を消す。

ストーリー

アラン・ファラガットは疾病対策予防センター(通称CDC)の研究主幹だ。病原体の研究を専門としている。ある日、彼の元に陸軍から調査の要請が入る。 感染症研究所のセルジオ・バリエセロス少佐によると、北極バイオシステムズの研究所でレトロウイルスの集団発生が起きたという。

2014年/アメリカ/45分/日本語字幕版
製作総指揮:ロナルド・D・ムーア、スティーヴン・マエダ、リンダ・オブスト
キャスト:ビリー・キャンベル、真田広之,ニール・ネイピア、キーラ・ザゴースキー、ジョーダン・ヘイズ、マーク・ガニメ、ミーグワン・フェアブラザー

» ご希望の作品が見つからない場合